2013 年度 環境活動報告について

PR TIMES / 2014年9月9日 16時55分

国内拠点における出荷重量あたりのエネルギー原単位*1を 1.5%削減(2012 年度比)2016 年度までには2010 年度比で 15%削減 を目指します。

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100 億円)は、2013 年度の環境活動により国内拠点における出荷重量あたりのエネルギー原単位*1を1.5%削減(2012 年度比)するなどの成果を出すことができましたのでお知らせします。



2013 年度 環境活動のポイント

(1)出荷重量あたりのエネルギー原単位*1を1.5%削減(2012 年度比)
・生産設備、照明、空調等の高効率化、待機電力の削減、自然エネルギーの活用
・サプライチェーンを含めた国内のCO2排出量(スコープ3)の算出
(2)2013 年度環境配慮型商品(エコ商品)の開発比率100%
・世界トップクラスの高断熱樹脂窓「APW430」など環境配慮型商品を積極的に開発
・「APW330」がエコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞
(3)廃棄物の再資源化率98.9%を達成:「ゼロエミッション*2」を9 年連続で継続
・自社バイオマスボイラーの能力アップによる木質廃材(800 トン/年)の有効利用


2013 年度は、エネルギー政策を重点課題として、生産活動に伴うエネルギーを“見える化”し、自然エネルギーの活用やエネルギーロスを削減。高効率設備の導入前倒しや追加等、エネルギー効率の向上を進め、エネルギー原単位で2012 年度比1.5%削減しました。また、廃棄物の再資源化・有価物化も推進するとともに、PRTR 対象物質排出量の削減等も計画通り達成しました。商品開発では、2013 年度の環境配慮型商品の開発比率が100%を達成し当社商品の使用時における省エネルギーへの貢献度も高まっています。こうした商品の普及拡大に向けたイベント開催にも注力しました。

・今後の展望
2014 年度は、モノづくりの現場におけるエネルギー消費量を“見える化”することで、最も効率的にエネルギーを消費できる環境を見出し、更なるエネルギー原単位の削減を図ります。風や地中熱などの自然エネルギーも活用することで動力の削減を進め、照明・空調等の既存設備の高効率化・平準化も推進します。また、排出物の分別徹底や発生抑制、再資源化により再資源化率99%を目指します。商品開発では、エコ商品開発比率100%を継続し、「小エネ(ローエネ)で暮らそう」をコンセプトとした商品開発に傾倒しながら暮らし方の提案にも注力していきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング