アイロボット「ルンバ s9+」 2020年度グッドデザイン賞を受賞

PR TIMES / 2020年10月1日 13時30分

~「五感を通じてプレミアムな表現を追求した」と高評価、過去30年で初受賞~

 アイロボットジャパン合同会社(本社:東京都千代田区/代表執行役員社長 挽野元)は、アイロボットのロボット掃除機「ルンバ s9+」が2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことを発表いたします。アイロボット製品が同賞を受賞するのは過去30年で初めてとなります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25142/61/resize/d25142-61-869963-0.jpg ]

 アイロボットのロボット掃除機「ルンバ s9+」は、アイロボット30年の技術が生んだ唯一無二のルンバです。画期的な新設計D型シェイプと高性能センサーを搭載したPerfect Edge(R) テクノロジーに加え、家の中の環境を正確に記憶するImprint(R) スマートマッピングを搭載し、ルンバ史上最大の吸引力と最高の清掃力を実現しました。

 また、機能面だけでなく、複雑なテクノロジーを美しく、ライフスタイルに溶け込むデザインに落とし込んだ点も大きな特徴です。日常的に使用するロボット掃除機だからこそ、高い清掃能力だけでなく、美しく高級感のあるデザインと品質の良さを感じさせる使用感で、人々のより良い暮らしを後押ししたいと考えました。

 アイロボットジャパン合同会社 代表執行役員社長 挽野元は今回の受賞について以下のようにコメントしています。「ルンバが初めてグッドデザイン賞を受賞したと聞き、大変嬉しく思います。特にルンバs9+はロボット掃除機にデザイン性を追求し、インテリアに馴染むよう開発されましたので、その点を評価いただいたのは今後掃除機にも高度なデザインが求められるという重要な役割が生じたのだと実感しています」。

■グッドデザイン賞審査委員の評価
 ロボット掃除機の先駆けであるアイロボットのルンバは2002年に登場し、すでに18年が経過しているが、本モデルで今までの流れを大きく変えるフェーズに入った、大きな進化を遂げた。そしてその進化を感じられるポイントとして、ロボット掃除機のアイコンともいえる丸形からD型への変更でより合理的な機能をデザインとしても表現した点と、フラッグシップモデルとして、視覚的な意匠面だけではなく、五感を通じてプレミアムな表現を追求し、動きや音、質感にもこだわり造り込んだ点が挙げられる。この新しいルンバは今まで以上に「人と生活を共にする」ことを意識して作られたことが伝わり、市場に多くみられる類似品とは異なる、アドバンテージを感じさせる。

[画像2: https://prtimes.jp/i/25142/61/resize/d25142-61-486526-1.jpg ]

■デザインのポイント
1. ルンバ初のD型を採用。部屋の角や隅も逃さない「完璧な清掃」を実現しました。
2. 質感のあるマットブラックとカッパーの組み合わせ。掃除機でありながらも部屋に飾りたくなるようなデザインを目指しています。
3. 本体中央にメタリックな円盤を配置。回転しても円盤が留まっている様に見え、清掃中も優雅さを損ないません。


[画像3: https://prtimes.jp/i/25142/61/resize/d25142-61-632570-2.jpg ]

■デザインが生まれた理由/背景
 アイロボット30周年という節目の年に、デザインにおいても「掃除の新しい常識」を提案するような製品を作りたいという思いからプロジェクトがはじまりました。事前に徹底的なユーザー調査をグローバル規模で行い、ロボット掃除機のデザインに求めるものに関するリサーチを実施、ライフスタイルに溶け込むような質感がプレミアムセグメントにふさわしいという結論に達しました。

■デザインを実現した経緯とその成果
 クローゼットにしまっておくのではなく、思わず飾りたくなるようなライフスタイルに溶け込むデザインを目指しました。マットブラックとカッパーという色の組み合わせは、ユーザー調査から得た高級感を連想させるカラーリングから選んでいます。高級車のように、使い心地からも品質の良さを感じていただけるデザインとなっています。

■ロボット掃除機「ルンバ s9+」製品情報
URL: https://www.irobot-jp.com/product/s-series/

■グッドデザイン賞受賞ページ
URL: https://www.g-mark.org/award/describe/50250

グッドデザイン賞について
 1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
URL: http://www.g-mark.org/

アイロボット・コーポレーションについて
 今年創設30周年を迎えるアイロボットは、世界有数の家庭用ロボットカンパニーであり、家庭内外でより多くの仕事ができるよう人を支援するロボットの設計と製造を行っています。2002年にロボット掃除機ルンバ(Roomba(R) Vacuuming Robot)を発売し、ロボット掃除機市場を創出して以来、全世界で3,000万台以上のロボットの販売実績を誇ります。ロボット掃除機ルンバと床拭きロボットブラーバのシリーズをはじめ、清掃・床拭き・ナビゲーションにおける特許技術と先進的なコンセプトを有し、スマートホーム実現のため、ロボットのエコシステムの構築に取り組んでいます。
iRobot、iRobot ロゴ、アイロボット、Roomba、ルンバ、Imprint、PerfectEdgeはアイロボットの登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング