ファッションデザイナー ポール・スミスの名前をそのままタイトルにした書籍『Paul Smith』が発売

PR TIMES / 2020年10月1日 11時45分

英国のファッションアイコンであるサー・ポール・スミスの唯一無二のスピリットを、ポール自身が選び出した50のモノを通して浮き彫りにした、新たな書籍。



[画像1: https://prtimes.jp/i/31226/61/resize/d31226-61-929576-0.jpg ]


英国デザイン界におけるレジェンド、サー・ポール・スミスの密接な協力のもと制作された『Paul Smith』は、2020年10月にPhaidon社より出版されます(日本語版は2020年11月に青幻舎より出版)。本書では、伝説的な英国のファッションデザイナー サー・ポール・スミスの唯一無二のスピリットを浮き彫りにします。パリでの最初のショーやロンドンのフローラル・ストリート ショップ、ストライプの進化、最新コレクションやコラボレーションなど、自身が長年にわたりインスピレーションを受けてきた50のモノを通して、ポール・スミスに迫ります。このような方法で、『Paul Smith』はポールの仕事を驚くほど視覚的にエキサイティングな方法で紹介し、真にダイナミックで多才なデザイナーであることを示します。

この本で紹介されている50のモノは、長年にわたるポールの仕事はもとより、彼の思考プロセスやブランドの精神を探るべく選ばれました。それらは、花の種のパッケージから家族写真まで多岐にわたり、それぞれがポールに重要な影響を与えてきました。すべてのモノは、デザイナーとしての彼の素晴らしい仕事の様々な側面を照らし、スーツを着ることへの概念を壊すこと、チームワークの重要性、そしてユーモアの力といったテーマに関する考察へとつながります。本書は読者に、デザインの世界で今日活躍する最もクリエイティブなマインドを持つデザイナーのひとりである、ポール・スミスに対する驚くほどカラフル洞察を提供します。

編集は、デザインとライフスタイルコンサルタンシー TC & Friendsの創業者兼クリエイティブディレクターであり、Brainstorm Designの共同議長も務めるトニー・チェンバースが行い、アップルの元最高デザイン責任者 ジョナサン・アイブが序文を手掛けているほか、ポールの友人や共に仕事をしてきた仲間、マノロ・ブラニク、ジェームズ・ダイソン、マーティン・パー、ジョン・ポーソン、アリス・ローソーンなど、ファッションやデザインの重鎮たちによるパーソナルな手紙やドローイング、写真などの寄稿も収められています。

カラフルな表紙は、50のモノの1つ’糸巻紙’からインスピレーションを得ています。このシンプルな’糸巻紙’は、ポールの代表的なストライプを造る方法です。糸は三次元なので、厚紙に巻きつけて初めて異なる色がどのように反射し合い、生地になったときにどのように見えるのかを想像することができます。これは、コンピューターの画面上では見ることができません。本の装丁においても、ポールのデザインにおけるスピリットや姿勢が表現されています。

ポール・スミスは、世界中にショップを展開する国際的に名高いファッションブランドを構築することに成功しただけではなく、今でも独立企業であり、ポールの変わることのない信念に忠実であり続けています。そしてこのたび、ブランドの50周年記念にぴったりの美しい書籍が完成しました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/31226/61/resize/d31226-61-821689-1.jpg ]


ポール・スミス公式ウェブサイトにて、10月1日(木)より『Paul Smith』先行予約受付開始。
https://www.paulsmith.co.jp/stories/aw20/paul-smith-by-tony-chambers


<著者について>

■ サー・ポール・スミス CBE RDI (1946年生まれ)
サー・ポール・スミスは、その独創的なスピリットで名高い英国を代表するデザイナーです。彼の名を冠したブランド <ポール・スミス> は、伝統的なクラフツマンシップと最先端のデザインを組み合わせ、美しくモダンなアイテムを生み出しています。「you can find inspiration in everything (インスピレーションの源はどこにでもある)」という彼の言葉は、高尚なアートから日常生活に至るありとあらゆるものを参考にしていることを意味します。グローバルビジネスに発展した今日も、 <ポール・スミス> は変わることなく「好奇心」、「クオリティ」、「本物であること」を大切にしています。

■ トニー・チェンバース (1963年生まれ)
トニー・チェンバースは、デザインとライフスタイルコンサルタンシー TC & Friendsの創業者兼クリエイティブディレクターです。また、シンガポールで毎年開催しているフォーチューンマガジンが主催するデザインとビジネスにおけるカンファレンス、Brainstorm Designの共同議長を務めています。2003年~2018年には、雑誌「ウォールペーパー (Wallpaler*)」のブランド&コンテンツディレクター、編集長、クリエイティブディレクターを務め、現在でも同誌に寄稿しています。


『ポール・スミス』
発行日 2020年11月22日 初版発行
編者 トニー・チェンバース
翻訳 植田 まほ
発行者 安田 洋子
発行所 株式会社 青幻舎インターナショナル
発行元 株式会社 青幻舎

判型 270 × 205 mm
総頁 264頁
製本 ハードカバー
定価 7,500円 +税
ISBN978-4-86152-803-3

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング