1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

解剖学者 養老孟司氏とポケットマルシェ代表 高橋博之が「持続可能な社会」について7月27日(火)にオンライン対談を実施

PR TIMES / 2021年7月20日 13時15分

社会課題の本質に迫り、解決のための行動を促す対談イベントを今月より開催

全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下「当社」)は、社会課題の本質に迫り、解決のための行動を促すイベント「世なおしするべ!」の第1回を2021年7月27日(火)にオンラインにて開催します。イベントでは、当社代表取締役 高橋博之が、解剖学者 養老孟司氏と「持続可能な社会」について対談します。

イベントページ: https://peatix.com/event/1996128



[画像1: https://prtimes.jp/i/46526/61/resize/d46526-61-eb737911345b84ed7d17-2.jpg ]


【開催概要】
世なおしするべ! #1 養老孟司氏×高橋博之 オンライン対談イベント ~「持続可能な社会」を考える~

解剖学者の養老孟司氏をお招きし、「持続可能な社会」をテーマに対談します。養老氏は、自然が排除された都市で頭ばかり使って働く人が多い社会を「脳化社会」と呼び、都市と地方で一定期間ずつ暮らす「平成の参勤交代」を提言しています。そんな養老氏の「都市と地方」「人間と自然」に対する視点から見た「持続可能な社会」とはどのような社会であり、どのように目指していくことができるのか、お話を伺っていきます。

日時:2021年7月27日(火)20:00~21:30
場所:オンライン(Zoom ウェビナー)
当日の流れ:
 20:00 開会・養老氏と高橋の対談
 21:00 ご参加の皆様からの質疑
 21:30 閉会
参加費:無料
申込方法:
 下記Peatixのページよりお申し込みください。
  https://peatix.com/event/1996128
申込期限:7月25日(日)
※ただし定員100名に達した時点で申し込み受付を終了します。
※イベントのご取材も可能です。

【登壇者プロフィール】
■養老 孟司(ようろう たけし) 氏
[画像2: https://prtimes.jp/i/46526/61/resize/d46526-61-377bbe369111377d0d57-0.png ]

1937年、神奈川県鎌倉市出身。日本の医学博士。解剖学者。東京大学医学部卒。東京大学名誉教授。2003年に発売された新潮新書『バカの壁』がベストセラー第1位となる。また、新語・流行語大賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。『唯脳論』『「自分」の壁』『遺言。』『半分生きて、半分死んでいる』など著書多数。大の虫好きとしても知られ、2015年鎌倉の建長寺に虫塚を建立した。

■高橋 博之(たかはし ひろゆき)
[画像3: https://prtimes.jp/i/46526/61/resize/d46526-61-da7ab31a74ebc42751be-1.jpg ]

1974年、岩手県花巻市出身。株式会社ポケットマルシェ代表取締役。2006年から岩手県議会議員を2期務め、 2011年に岩手県知事選に出馬するも次点で落選。2013年に、NPO法人「東北開墾」を立ち上げ、食べもの付き情報誌「東北食べる通信」編集長に就任。2014年には、一般社団法人「日本食べる通信リーグ」 を創設し、代表理事に就任して食べる通信のモデルを全国に展開。2015年12月に、株式会社ポケットマルシェを設立。翌年、全国の生産者と消費者を直接繋げるCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」をリリース。著書に『都市と地方をかきまぜる』(光文社新書)など。

【世なおしするべ!について】
ポケットマルシェ代表の高橋博之が、現代社会の抱える問題の本質に迫り、熱く対談するイベント。問題への理解を深め、解決のためにともに行動する仲間を増やしていこうと、2021年7月に新たに立ち上げ。毎月、異なるテーマで開催する。対談の様子は、後日ポケットマルシェ公式YouTube( https://www.youtube.com/channel/UCcHTWckyqpyD5f8sBvIUItw)とコーポレートサイト( https://www.pocket-marche.com/)で公開予定。

【当社の考える「持続可能な社会」について】
「持続可能な社会」の実現が叫ばれる今、当社の考える「ありたい社会」とそこにいたる道筋について詳述する「サステナビリティページ」を、コーポレートサイト上で公開した。本来不可分であったはずの消費者と生産者、都市と地方、人間と自然の分断が進んだことにより、社会の持続可能性は脅かされている。「食」を通じて、分断された両者を「個」としてつなぎ、「共助」の関係性を育むことが「持続可能な社会」の実現につながる。
サステナビリティページ: https://www.pocket-marche.com/sustainability/

【ポケットマルシェについて】
ポケットマルシェ( https://poke-m.com/ )は、全国の農家・漁師から、直接やりとりをしながら旬の食べ物を買うことができるプラットフォーム。提供は2016年9月。現在、約5,600名(2021年7月時点)の農家・漁師が登録し、約13,000品の食べ物の出品と、その裏側にあるストーリーが提供されている。新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに食への関心が高まり、ユーザ数は約6.3倍、注文数はピーク時に約20倍となり、約33万人の消費者が「生産者とつながる食」を楽しむ。

【会社概要】
会社名: 株式会社ポケットマルシェ
代表者名: 高橋博之
所在地: 岩手県花巻市藤沢町446-2
東京オフィス:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-26-5 金子ビル3F
事業内容:
・生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営
・食べもの付き情報誌「食べる通信(R)」の普及・多地域展開の促進、「東北食べる通信」の企画・運営
・生産者の販路拡大・地産品の認知向上・関係人口創出を目的とした自治体支援施策の企画・実施
・産直食材を活用したキャンペーンや福利厚生プラン等の企業向けプログラムの企画・実施
URL: https://www.pocket-marche.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング