BSA加盟企業の違法ソフトを大手オークションサイトで販売した男性に有罪判決

PR TIMES / 2014年4月15日 13時38分

BSA | The Software Alliance(本部:米国ワシントンDC、以下BSA)は本日、BSA加盟企業であるマイクロソフト コーポレーション(以下、権利者)の著作権を侵害したとして、長崎地方裁判所が、2014年3月17日付で、長崎市の無職の男性(以下被告人A)に対し、著作権法違反で懲役1年(執行猶予3年)及び罰金30万円の有罪判決を下したと発表しました。


本件は、BSAが開設する情報提供窓口(http://bsa.or.jp/report/)に通報された情報を端緒に、長崎県警察本部生活安全部生活環境課サイバー犯罪対策室と長崎警察署が2014年1月8日、を著作権法違反の疑いで逮捕し、長崎地方検察庁により起訴されていたものです。

判決は、被告人Aは、去年9月から10月にかけて、権利者が著作権を有する「Office Professional Plus 2013(以下「オフィス2013」)」を違法にDVDに複製し、大手インターネットのオークションサイトを通じて正規品を大幅に下回る価格で販売していたとし、被告人Aが、このような犯行を2013年2月から同種犯行を繰り返しており、本件も職業的、常習的犯行の一環であり著作権者に与えた影響も軽視することができないとして、被告人Aに対し、罰金刑にとどまらず、懲役刑を科す判決を下しました。

ソフトウェアの不正コピーは、新たな良質のソフトウェア開発を妨げるだけでなく、ソフトウェア産業全体の成長を鈍化させる要因であり、引いては経済成長にも悪影響を与えます。また、安全で信頼できるデジタル社会実現の大きな阻害要因でもあり、その防止のためにソフトウェアメーカーが拠出する費用負担は決して小さくないのが実状です。

こうした状況の改善に向け、BSAはソフトウェアの著作権に関わる法整備支援を目的とした政策提言活動、ソフトウェア資産管理(SAM)に関するセミナー、および各種資料の配布を実施しています。BSAホームページ(http://www.bsa.or.jp)や違法告発.com (http://www.145982.com)において組織内の不正コピーに関する情報を発信し、ソフトウェアの適正な使用のための教育啓発活動を積極的に行っています。BSAは、著作権保有社(者)の権利保護、およびソフトウェアの正規利用社(者)保護のためにも、組織内の不正コピーに対して、引き続き法的手続きも視野に入れた積極的な活動を行ってまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング