ビッグデータを効率よく管理、分析するための「Teradata Unified Data Architecture」を発表

PR TIMES / 2013年3月7日 15時7分

―Teradata、Teradata Aster、Hadoop上のデータを統合しビジネスに活用



日本テラデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉川幸彦、以下日本テラデータ)は、データ分析のための新たな枠組みである「Teradata Unified Data Architecture (以下Teradata UDA)」を本日発表します。

Teradata UDAは、統合データウェアハウスのTeradata、ビッグデータ分析プラットフォームのTeradata Aster、そしてオープンソースのApache(TM) Hadoopの3つのデータ・プラットフォームを相補的に活用するために、プラットフォームへの透過的なアクセスやプラットフォーム間での自在なデータ移動、さらには各プラットフォームの一元的な管理を実現するアーキテクチャです。  

Teradata UDAには、各プラットフォーム製品と、透過的なデータアクセスを実現する機能として「Teradata SQL Assistant」および「Aster SQL-H」が、データ移動に関する機能として「Aster-Hadoop Adapter」、「Aster-Teradata Adapter」および「Teradata Connector for Hadoop」が、さらには各プラットフォームの統合管理機能として「Teradata Viewpoint」が含まれています。Teradata UDAを構成する新しいハードウェアとしては「Teradata Aster Big Analytics Appliance」および「Teradata Data Warehouse Appliance 2700」を本日より販売開始します。これにより、リレーショナル・データとして構造化されたデータとアクセスログやセンサーデータなどの多構造化データ(※1)の両方を効率的に管理し、有機的に統合して、誰もが分析に活用できるようになります。

今日の企業における分析対象データは、多岐にわたっています。そしてそれらを取扱い分析するために、リレーショナル・データベース、Hadoop分散ファイルシステムとMapReduce処理といった、それぞれ得意分野の異なるデータ管理および処理のプラットフォームが存在し、個別に運用されています。また、企業における分析ユーザーは、専門的な分析を行うアナリストやデータサイエンティスト、プログラミング言語に精通するエンジニア、さらには経営層から現場の担当者まで含めたビジネスユーザーなど、多様な役割とスキルレベルを持つユーザーが存在し、さまざまな分析ニーズを持っています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング