『ヒストリー・オブ・ミノックス展 ~1936年、スパイカメラの活動が始まった~』 表参道ヒルズ「マークスタイル トーキョー」にて7月末まで開催中!

PR TIMES / 2012年7月12日 16時2分



デザインステーショナリー、ファッションアクセサリー、インテリアアクセサリーなどの企画・製造・輸入・販売を行う株式会社マークス(代表取締役:高城和彦、本社:東京都世田谷区、URL:http://www.marks.jp/)が運営するデザインストア「MARK'STYLE TOKYO(マークスタイル トーキョー)表参道ヒルズ店」にて、ギャラリーイベント『ヒストリー・オブ・ミノックス展 ~1936年、スパイカメラの活動が始まった~』を開催しております。(7月末日までの期間限定)

■ 企画内容 
- 1936年、スパイカメラの活動が始まった -
ミノックスの創業者、Walter Zapp氏が1936年に発表した「スパイカメラ」は、 超小型カメラとして写真業界のみならず、工業製品に携わる人々を驚かせました。以来、ミノックスは、ドイツのカメラメーカーとして超コンパクトカメラを独自の技術で進化させ続けています。

【ミノックス スパイカメラとは?】
1936年に第1号機が発表されて以来、スパイカメラは戦時中の諜報活動で暗躍しました。その活動は戦争の行方を左右するだけに、とても重要なものだったのです。手のひらに収まり、書籍や靴のヒールに隠すことができる超小型カメラは、 同時にレンズやフィルム送りなどといった高い性能を備えており、スパイたちにとってなくてはならない道具のひとつでした。

今回の『ヒストリー・オブ・ミノックス展』では、‘日本初公開’となる、ミノックス社が所蔵するスパイカメラの歴代モデルを展示いたします。
また、デジタルクラシックカメラやナイトスコープといった、ミノックス製品の販売も行います。

魅力あふれる貴重なミノックスのラインアップが一堂に揃う『ヒストリー・オブ・ミノックス展』は7/31(火)まで。
ぜひ、表参道ヒルズ内「MARK’STYLE TOKYO」へお立ち寄りください!

■ MARK'STYLE TOKYO(マークスタイル トーキョー)表参道ヒルズ店
・所 在 地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズB3F
・営業時間:11:00~21:00(日曜~20:00)
・TEL : 03-3478-5337
・URL: http://www.marks.jp/shop/markstyle-tokyo/
・Facebook: http://www.facebook.com/MarkstyleTokyo


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング