イーベイ・ジャパン、2019年度第3四半期の越境ECトレンドを公開

PR TIMES / 2019年11月6日 11時25分

■ カテゴリー別売上ランキング:カメラ関連が好調/「カメラのレンズ、フィルター」が、カテゴリー別成長率で2位に浮上/カメラ関連商品は、売上額別ランキングで2つがランクイン

■商品別売上ランキング:国内テーマパークの限定商品が1位/「ムーミンバレーパーク」(埼玉県)限定マグカップが売れ筋TOP/「マジック:ザ・ギャザリング」(日本語版)などカードゲームが引き続き好調



世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay(イーベイ)」への出店を通じ、日本企業の「越境EC」を支援するイーベイ・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 丈彦、以下イーベイ・ジャパン)は、2019年度第3四半期(7-9月)の期間に日本のセラーから出品されたアイテムの、販売動向を発表しました。

前期(2019年4-6月)と比較し、目立ったのは売上前年比で成長率2位、売上ランキングでも3位と5位に入ったカメラカテゴリーです。日本のカメラやレンズは海外で人気が高くeBayでも取引が活発なカテゴリーですが、近年はレトロなフィルムカメラも売れています。日本国内では安価で取引されるものでも、海外では高値で取引されることがあり、家庭に眠っているような中古カメラの出品が増加すれば、まだまだ売上が伸びる余地はありそうです。

2019年もあと2ヶ月。アメリカでは11月29日のブラックフライデーを皮切りにサイバーマンデー、クリスマスと年末商戦がスタートし、一年で最も商品の取引が活発になります。今年は世界的なスポーツイベントなどで来日外国人が増え、日本に対する関心も高まっていることから、越境ECにおいても日本からの出品が最も注目されている時期と言え、セラーにとっては売り上げ伸ばすチャンスとなります。

■イーベイ・ジャパン「越境EC」取引ランキング(2019年3Q)
【カテゴリー成長率ランキング】(前年同期比):米国では日本のキャラクター商品が人気

「1位のおもちゃは、日本のキャラクター商品だけではなく日本企画の商品も大変人気です。例えば、世界的に人気のある新作映画が発表されるタイミングで、日本の企画商品が販売されます。こういった商品は海外での流通量が限られていることから、越境販売で大変よく売れる商品になります。また、3位のゲームの好調の要因ですが、ゲーム機の販売が好調なことがあげられます。生産中止が決まった商品はeBay.comでは大変人気があります。需要と供給のバランスの違いから、日本では潤沢に在庫があるにも関わらず、海外では売り切れになってしまっている商品などもあります。年末商戦のタイミングでも、そういった商品の販売が非常に活発になると見込んでいます。」(イーベイ・ジャパン カテゴリーマネージャー 中里力)

[画像1: https://prtimes.jp/i/15238/62/resize/d15238-62-290958-0.png ]

※順位横の〈〉は第2四半期(4-6月)同データでランクインしていた際の順位

【カテゴリー別売上ランキング】

「3位のフィルムカメラは、日本ならではの商品になります。海外よりも日本国内により良質な中古品が揃っていることもあり、日本からの販売は盛んです。このことから、日本のセラーの商品が、eBay.comにおいて非常に高いシェアを誇っています。すでに生産中止になった古いフィルムカメラは世界中のバイヤーが状態良好な個体を探していることから、今後も安定的な需要が見込まれます。また、「チェキ」のような新品の新しいフィルムカメラも、定番の売れ筋商品になります。レコード同様に新しいアナログ商品が、ミレニアル世代、Z世代の間で人気が出てきていることから、今後も人気が続くと考えています。」(イーベイ・ジャパン カテゴリーマネージャー 柴田駿平)


1位〈1位〉 レディースバッグ、ハンドバッグ
2位〈3位〉 時計、パーツ&アクセサリー
3位〈5位〉 フィルムカメラ
4位〈4位〉 アニメ、キャラクターグッズ
5位〈2位〉 カメラレンズ、フィルター
6位〈7位〉 アジアアンティーク品
7位〈―〉 ゲーム(本体)
8位〈―〉 ビデオ・ゲーム(ソフト)
9位〈9位〉 釣り具
10位〈―〉 CD

※順位横の〈〉は第2四半期(4-6月)同データでランクインしていた際の順位

[画像2: https://prtimes.jp/i/15238/62/resize/d15238-62-982983-1.png ]

【商品別売上ランキング】: 日本のテーマパーク限定のムーミングッズがTOPに

1位は、今年3月にオープンした埼玉県飯能市のテーマパーク「ムーミンバレーパーク」の限定ムーミンマグカップです。前期でも4位にランクインしていましたが、さらに人気を集め今回1位となりました。また、2位はトレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」の日本版商品となり、日本のみで販売されている商品が1・2位を占めました。

「マジック:ザ・ギャザリングに限らず遊戯王、ポケモンカードなどのトレーディングカードの人気が欧米で加速しています。様々な言語のレアカードを集めるコレクター需要も高く、希少性の高い日本限定版のカードも高値で取引されています。日本国内市場も1,000億円を突破し、多数の国産人気タイトルが存在する中、世界各国からも日本のトレカ市場に注目が集まっています。」(イーベイ・ジャパン カテゴリーマネージャー 中里力)

1位〈4位〉 「ムーミンバレーパーク」限定アラビアムーミンマグカップ(Arabia Moomin Valley Park Japan Limited Exclusive Moomin Mug 2019)
2位〈1位〉 マジック:ザ・ギャザリング 灯争大戦 ブースターパック 日本語版(BOX Magic The Gathering War of the Spark Booster Box)
3位〈3位〉 ソニープレイステーションPS Vita PCH-2000(Sony Playstation PS Vita PCH-2000)
4位〈2位〉 セイコー メカニカル SARB033(SEIKO SARB033 MECHANICAL)
5位〈-〉 ポケットモンスター カビゴン ぬいぐるみ(Pokemon Giant Snorlax Plush Kabigon Doll)

※順位横の〈〉は第2四半期(4-6月)同データでランクインしていた際の順位

[画像3: https://prtimes.jp/i/15238/62/resize/d15238-62-867468-2.png ]


【 eBay Inc.およびイーベイ・ジャパンについて 】

[画像4: https://prtimes.jp/i/15238/62/resize/d15238-62-618173-3.png ]

https://www.ebay.co.jp/
eBay Inc.(米国NASDAQ上場、ティッカーシンボル:EBAY)は、世界中から1億8,200万人*ものアクティブバイヤー(買い手)が集まる世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay」などを運営し、世界をリードするコマース企業です。1995年に米国カリフォルニア州サンノゼで創業され、ひとりひとりがそれぞれのパーフェクトを見つけられる場所として、世界中の買い手と売り手を結びつけています。2018年の取引高は946億ドル(約10.6兆円**)となり、常時13億商品が世界中から出品されています。

* 2019年第2四半期決算発表
** 為替レート(1ドル=112円)で換算。

【イーベイ・ジャパン株式会社】
本社所在地:東京都渋谷区
事業内容:オンライン・マーケットプレイス「eBay」を通じた日本企業の「越境EC」支援

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング