日本最大規模の配送マッチングプラットフォーム「PickGo」の軽貨物ドライバー登録者数が20,000人、一般貨物登録車両数は10,000台を突破!

PR TIMES / 2020年8月3日 13時45分

~「届けてくれる」にもっと価値を。の実現に向けて、配送事業者の環境改善を加速。8月から順次施策を発表~

ITを活用し運送業界における新たな価値の創出を目指すCBcloud株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:松本隆一、以下「CBcloud」)は、2020年7月末までの集計で、ドライバーと荷主を即時につなぐ配送マッチングプラットフォーム「PickGo」の軽貨物ドライバー登録者数が20,000人、一般貨物自動車運送事業者の車両数が10,000台を突破いたしましたので、お知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16726/62/resize/d16726-62-163050-1.png ]

■「ドライバーファースト」が支持を受け、軽貨物ドライバー登録数20,000人、一般貨物登録車両数10,000台を超える日本最大規模のプラットフォームへ。
「PickGo」は、運送業界の多重下請けやドライバーの労働環境の改善をはじめとした業界が抱える構造的課題の解決を目指すべく、2016年6月にサービスを開始いたしました。2020年2月には、一般貨物までマッチングの領域を拡大した「PickGo 一般貨物 運送事業者版」の提供を開始。運送会社の限られたリソースを最大限活用することで、ドライバー不足の課題解決を目指し、より多様な荷主ニーズに対応してまいりました。

立ち上げから現在に至るまで、一貫して取り組んできたのは、運び手の目線に立ったサービスづくりです。フリーランスドライバーが時間や条件を見て仕事を選べるシステムや、努力を可視化する評価制度、荷主が依頼するドライバーを選ぶエントリー制を採用し、早い者勝ちではなく努力するドライバーが正当に評価や報酬が得られ、仕事を獲得しやすい仕組みを構築しました。また、稼働当日に報酬を入金し個人事業主であるドライバーのキャッシュフローを改善するファイナンスシステムも実装しています。今年4月には、コロナ禍において企業間配送が減少したドライバーの救援策として、「PickGo 買い物代行」を開始。仕事の供給量の増加や、荷物を運ぶだけにとどまらないドライバーの新たな価値創出を図ってまいりました。

また、一般貨物自動車運送事業者への依頼においては、運送会社側のタイミングで仕事を選択し受注できるシステムにより、空車回送率の低下や車両稼働率の向上など、効率的な配送を可能にしています。さらに、受注した運送会社には他社への再委託を禁止し、多重下請け構造を防ぐことで実運送会社の収益の最大化を実現しています。

こうした徹底した「ドライバーファースト」に基づくサービス開発に支持をいただき、「PickGo」は日本最大規模のマッチングプラットフォームへと成長することができました。

■ドライバーの環境改善を加速。施策第1弾に「PickGo」ドライバー評価制度のリニューアルを予定。
CBcloudがビジョンとして掲げる「『届けてくれる』にもっと価値を。」の実現をさらに加速させるため、ドライバーに対する新たな取り組みを8月より順次展開してまいります。第1弾には、「PickGo」におけるドライバー評価制度のリニューアルを予定。日々丁寧な運行を繰り返し、経験を積み上げ、配送のプロとしての実績を備えたドライバーの努力をこれまで以上に可視化させ、次の仕事やスキルアップする機会に繋げていくことで、ドライバーの地位向上を図ります。

CBcloudは、引き続き運送業界の現場に寄り添った視点で事業を推進し、ドライバーをはじめとする配送事業者を取り巻く環境をより良いものへとシフトすべく尽力してまいります。

【 PickGoについて 】

[画像2: https://prtimes.jp/i/16726/62/resize/d16726-62-699280-0.png ]

「PickGo」サービスページ: https://pickgo.town/
サービス名称: 「PickGo」
サービス概要: ”「送りたい」と「届けたい」を繋げる” マッチングプラットフォーム群
サービスページ: https://pickgo.town/
”「送りたい」と「届けたい」を繋げる” マッチングプラットフォーム群になります。物流業界には、情報の取り次ぎのみを行う中間プレイヤーが数多く存在しており、コミュニケーションや費用面において非効率的な状況が発生しています。PickGoは荷主と「ドライバー」、「実運送会社」を直接つなぐことで、この多重構造を打破することを目指す、唯一の配送マッチングプラットフォームです。

CBcloud株式会社について
CBcloudは、物流業界の多重下請けやドライバーの労働環境の改善をはじめとした構造的課題を解決し、新たな社会インフラを構築していく会社です。2013年の設立以来、フリーランスドライバーおよび一般貨物自動車運送事業者と荷主を即時につなぐ配送マッチングプラットフォーム「PickGo」や宅配事業者向けの業務効率化システム「SmaRyu Post」、運送事業者の業務支援システム「SmaRyu Truck」など、アナログと言われる物流業界に独自のITソリューションを提供しています。

CBcloudは業界問わず多様な企業と連携し、陸海空の各輸送手段を組み合わせることで、荷主と最適な輸送手段をシームレスかつ瞬時につなぐ、未来のプラットフォームを目指します。

●会社概要
会社名 :CBcloud株式会社
所在地 :東京都千代田区神田練塀町300 住友不動産秋葉原駅前ビル16階
代表者 :代表取締役CEO 松本 隆一
設立  :2013年10月
資本金 :17億70百万円(資本準備金含む)
事業内容:
・"「送りたい」と「届けたい」を繋げる" マッチングプラットフォーム「PickGo」の提供: https://pickgo.town/
・"物流を現場からスマートに"変革する物流DXシステム「SmaRyu」の提供: https://smaryu.town/
URL  : https://cb-cloud.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング