外国人エンジニア雇用進めませんか?弊社運営サイト「Vetween」に登録したエンジニアのスキル情報を無料公開いたします。

PR TIMES / 2020年10月3日 11時45分

ベトナム人エンジニアの登録が増加中!Javaを中心に日本で就労経験者が多数登録中。

10月1日から、留学生、ビジネス関係者を対象に全世界からの入国制限が緩和されました。しかし、入国後の隔離期間や新型コロナウイルス感染リスクを考慮し、国外からの採用をストップしている企業様も多いのではないでしょうか。

そこで株式会社ソルフェリオーナ(所在地:東京都 代表取締役:菊地将)では、弊社運営サイト「Vetween」の登録した日本在住の外国人エンジニアを中心に情報を公開いたします。

現在、外国人採用を行なっている企業様、検討中の企業様必見です!

資料は下記URLからダウンロード可能です(無料)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ダウンロードはこちら◆
http://vetween.net/download16/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



[画像: https://prtimes.jp/i/57377/62/resize/d57377-62-838914-0.jpg ]



今回情報を公開する求職者は合計10名(ベトナム人9名、台湾人1名)です。
求職者の日本語能力に関してはN2・N3を保有している方が中心となっております。

本資料には開発経験や、使用可能なプログラミング言語等の情報を掲載しております。
今後の採用活動の際、参考にしていただけたら幸いです。

【日本在住の求職者を採用する主なメリット】


ビザをすでに取得している
日本語レベルが高い
日本の就労環境に慣れている
採用コストが低い


ビザ
→ビザの申請には複雑な手続き・知識が必要になります。自社での申請が難しい場合、行政書士など専門家に依頼する必要があります。その場合はプラス費用が発生してしまいます。

日本語レベル
→海外在住の人材に比べ、日本語レベルが高い傾向にあります。日本企業での就労経験があるため、ビジネスレベルの日本語を習得している人材が多いです。(資格ではなく、実際に話すことのできる日本語レベル)

日本の就労環境に慣れている
→外国人人材の採用後のトラブルに多いのが、「仕事の価値観」からくるものです。その点日本在住、もしくは日本企業の現地法人などでの就労経験がある人材には、日本企業の就労環境に適応している人材が多い傾向があります。

採用コストが低い
→海外在住の人材に比べ、渡航費・ビザの申請費用などを削減できるため採用コストが低くなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ダウンロードはこちら◆
http://vetween.net/download16/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今回公開する求職者の情報】
求職者:10名(IT、サービス業など)
国籍:台湾、ベトナム

■会社概要
会社名:株式会社Solferiona
所在地:東京都港区芝大門1-3-6 KITAビル 3F
代表者:代表取締役 菊地 将
URL: https://www.solferiona.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング