エクサ、ITリノベーションサービスの提供開始

PR TIMES / 2013年4月10日 16時59分

                                 2013年4月10日
                                 株式会社エクサ


株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市 代表取締役 社長執行役員 塚本 明人)は、
ITリノベーションサービスの提供を開始しました。

古い住宅を、お客様のニーズに合わせてリフォームし、人気住宅に生まれ変えさせる
という住宅リノベーションが脚光を浴びています。
これは古い物を壊し新しい物を造るという今までの方法ではなく、古い物の価値を
活かしながら、お客様の求めるニーズに基づいて創り変えるものです。ITに於ける
今後3年間の重要課題として企業の約50%が「IT基盤の統合・再構築」に着手する意向を
持っていて、既存のIT資産を有効活用しながら新しい価値を築いていくリノベーション
のニーズが着実に増加しています。

(株)エクサはホスト(メインフレーム)とオープンの仕組みを熟知した
ITエンジニアリングカンパニーとして今まで蓄積してきた技術、経験、ノウハウに
より、お客様のご要望応じて、上流から現状分析を行い最適なリノベーション方式を
ご提案いたします。
先進技術、標準化技術を適用し、システム機能や性能を向上させ、価値を高めた
システム改修を安全・確実に遂行し、システム構築から運用を考慮したトータルサービス
をご提供いたします。

(株)エクサにはITインフラの課題解決に向けたサービスとソリューションが完備
されており、短期間でお客様のご要望に応じた現行システムのITリノベーションを実現
します。

<お客様のご要望からご提案までの流れ>
【ステップ1】
お客様の様々なご要望をお聞きします。
<お客様の声の例>
・システムの保守・運用コストなど、ITコスト削減のためにシステム基盤を刷新したい。
・既存の資産を有効活用してベンダーに依存しないインフラIT基盤を再構築したい。
・最新、先進技術を活用し高速な解析を行い精度の高い研究を追求した。
・大量データの管理が大変、それらの費用が高いため効率化と費用を削減したい。
・オープンソースは活用したいが既存製品との組合せ、システム連携が不安。
・システムのパフォーマンスを最適化、アップさせ基盤リソースを最大限活用したい。
・ITセキュリティが大丈夫か不安、堅牢なシステムに刷新したい。
・災害対策(BCP、DR)が実施できる技術、仕組みづくりに取り掛かりたい。
・老朽化・保守切れ基盤の最適な更新。
  等

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング