【オリエンタルホテル 東京ベイ】NPO法人 文化交流サポート浦安と共催。第7回 新春チャリティ企画展 開催

PR TIMES / 2012年12月28日 10時15分

オリエンタルホテル 東京ベイ 2階 「オリエンタルギャラリー」

オリエンタルホテル 東京ベイでは、2013年1月1日(火・祝)~2013年1月30日(水)まで、毎年恒例となったNPO法人 文化交流サポート浦安主催の「新春チャリティ企画展」を共同開催いたします。※閲覧無料



オリエンタルホテル 東京ベイ(※1)(千葉県浦安市美浜1-8-2 総支配人:相原米夫)では、日頃より浦安市民の文化芸術活動の支援を目的として、2階のパブリックスペースにショーケースを設置し、NPO法人 文化交流サポート浦安(※2)主催で毎月のテーマに沿った市民の作品を展示しています。


2012年3月には「あしたの夢」をテーマに、千葉県浦安市内の小学生や、津波被害を受けた宮城県東松島市内の小学生が復興の想いを込めて描いた絵画を集めた合同展覧会が行われました。お礼と交流の証として、東松島市の小学校4校と市内の小学校にはサッカーボールを送る等の支援をさせていただきました。

また、2013年1月1日(火・祝)~2013年1月30日(水)正午までは、この度7回目を迎える「新春チャリティ企画展」を共同開催いたします。浦安在住作家の絵画や書、陶芸、工芸、手工芸(ビーズアクセサリー、布、紙、木の小物) 等を展示し、作品の購入をご希望の方には、展示期間中にお申し込みいただき販売させていただきます。

※ご購入いただいた売上金の一部は出展者のご協力を得て、チャリティとして宮城県東松島市内の小中学校への支援や、近隣の文化活動推進のために寄付させていただきます。


2013年 「新春チャリティ企画展」

開催期間 : 2013年1月1日(火・祝)~2013年1月30日(水)
開催時間 : 10:00~21:00(1月30日は正午まで)
主  催 : NPO法人 文化交流サポート浦安
協  賛 : オリエンタルホテル 東京ベイ
展示場所 : オリエンタルホテル 東京ベイ 2階 「オリエンタルギャラリー」 ※閲覧無料
展 示 品  : 絵画・書・陶芸・美術工芸品・写真等、浦安市民による作品約200点
販売価格 : 2,000円から(各作品に販売価格表示)
購入方法 : オリエンタルギャラリー備え付けの申込書に必要事項をご記入の上、応募箱にご投函下さい。

※同作品に複数のお申し込みがあった場合には、先着順とさせていただきます。
※ご購入作品は、1/5、1/12、1/19、1/26の各土曜日13:00~15:00、1/30(水)は10:00~12:00
の時間に、オリエンタルギャラリーにてお渡しさせていただきます。


お問い合わせ先

■NPO法人 文化交流サポート浦安
http://www.npo-ces-urayasu.org/
[重定(しげさだ)]tel. 080.5003.4643

■オリエンタルホテル 東京ベイ
オリエンタルギャラリー
http://www.oriental-hotel.co.jp/guide/facility/gallery.html
[桂]tel. 047.350.8401  fax. 047.381.0851


2013年 オリエンタルギャラリー展示 年間スケジュール

1月 新春チャリティ企画展
2月 了徳寺大学 学生展
3月 パレット展 美浜公民館
4月 悠々会展
5月 竹風会展
6月 水墨画展
7月 ガラス展
8月 了徳寺大学 癒しの芸術展
9月 コスモス展(水彩) 堀江公民館
10月 油彩展 富岡公民館
11月 金谷(油絵)個展
12月 メリークリスマス展

※スケジュールは変更になる場合がありますので、ご了承ください。


(※1)オリエンタルホテル 東京ベイ
・1995年開業の、東京ディズニーリゾート(R)パートナーホテル。JR京葉線新浦安駅北口直結で、東京ディズニーリゾート(R)まで1駅3分。また、ホテルから一日最大69便運行するシャトルバスを利用すれば、東京ディズニーリゾート(R)まで15分の大変便利なホテルです。東京ディズニーリゾート(R)各種チケットもホテル館内でお求めいただけます。

(※2)NPO法人 文化交流サポート浦安
・文化・芸術活動を行っている方たちに対してその活動の育成・サポートを行い、地域の文化芸術の振興をはかり、広く社会に寄与することを目的としています。1.文化・芸術・芸能活動の発表会、展示会などの主催、2.文化・芸術・芸能活動を行っている個人・団体の支援、3.著名な芸術家による公演の招致、の三つの事業を行っています。


※ オリエンタルホテル 東京ベイは、アビリタス ホスピタリティのグループホテルです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング