【東洋大学】生命環境科学研究センター 開設記念シンポジウムを開催 ~環境汚染に適応する生物および生態系~ 11月26日(水)於 東洋大学 白山キャンパス8号館125記念ホール

PR TIMES / 2014年11月14日 9時45分

文部科学省「平成26年度 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」採択

==============================================
文部科学省「平成26年度 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」採択
生命環境科学研究センター
開設記念シンポジウムを開催
~環境汚染に適応する生物および生態系~
11月26日(水)於 東洋大学 白山キャンパス8号館125記念ホール
==============================================





 東洋大学(学長・竹村牧男)は板倉キャンパス(群馬県)に「生命環境科学研究センター」を開設し、その開設を記念したシンポジウムを11月26日に開催いたします。

<開設の経緯>
 東洋大学・板倉キャンパスにおける生命環境科学分野は1997年に生命科学部 生命科学科の開設にはじまり、2009年度に同学部に新たな「応用生物科学科」と「食環境科学科(2013年度より食環境科学部食環境科学科に改組)」が設置され、3学科間で連携した共同研究を積極的に行ってまいりました。

 この度、 3学科が連携した新規研究課題「人為由来環境変化に対する生物の適応戦略と小進化」が文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成26~30年度)に採択され、この採択を受けて東洋大学板倉キャンパス4号館に「生命環境科学研究センター」を開設いたしました。

<同センターの研究テーマ>
 水質汚染など化学物質が自然環境へ与える影響と、その影響を受けた生物が生き残るためにどのように耐性をつけ、進化していくのかを研究してまいります。具体的には、渡良瀬川流域および江戸川水系を中心とした野外調査および生物・化学分析を行い、代表的な人為由来環境変化である重金属汚染および医薬品類(抗菌剤)汚染に対する生物個体および個体群の戦略的環境適応(小進化)を明らかにする予定です。

※文部科学省「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」とは
目 的:
私立大学が、各大学の経営戦略に基づいて行う研究基盤の形成を支援するため、研究プロジェクト
に対して重点的かつ総合的に補助を行う事業であり、もってわが国の科学技術の進展に寄与するもの。

内 容:
各大学が最先端の研究や地域に根差した研究などの観点から研究プロジェクトを計画・申請し、文部科学省が審査の上で選定を行い、当該プロジェクトを遂行するための研究拠点に対して、研究施設・設備整備費や研究費を一体的に補助する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング