SD-WAN技術を活用したクラウド型ネットワークサービス「BroadLine CVR」の提供開始について

PR TIMES / 2018年8月9日 16時1分

~ 回線に依存しない可視化・一元管理された多拠点ネットワークをゼロタッチで容易に導入 ~


 株式会社TOKAIコミュニケーションズ(代表取締役社長:福田 安広、以下 当社)は、キャリア・企業向け通信サービス「BroadLine」において、SD-WAN(Software-Defined Wide Area Network)技術を活用したクラウド型ネットワークサービス「CVR」の提供を平成30年9月3日より開始いたします。
 当社は本サービスにより、クラウド活用時代に求められる柔軟性・即応性・拡張性の高いさまざまなルータ機能を提供し、お客様の快適なネットワーク環境を実現いたします。



                          記

1.サービス提供の背景
 近年、企業のクラウド活用が急速に進展しており、多くの企業は、必要な時に必要な分だけ利用できる情報システムリソースを、初期投資を抑えながら短期間で導入することが可能になってきています。一方、従来企業が利用しているネットワークサービスの多くは、進展を続けるクラウドと比較してその柔軟性・即応性・拡張性に制限があります。
 こうした状況を踏まえ、当社は最新のSD-WAN技術を活用したクラウド型ネットワークサービスを新たに開始いたします。
 本サービスにより、現在の企業ネットワークが抱える「クラウドサービスの利用拡大とトラフィック増加・集中への対応」「ネットワーク更改時の初期投資(資産化等)や継続的な運用・保守体制の構築」「モバイル利用や拠点増加への対応」「ネットワーク全体のセキュリティ確保」といった課題を解決し、企業の環境変化に迅速・柔軟に対応するネットワーク環境を実現いたします。

2.サービスの概要
 本サービスは、お客様拠点にネットワーク機器(CVR機器)を低価格でレンタル提供し、お客様がこの機器を対応回線に接続するだけで、自動的に設定を完了させ、可視化・一元管理されたクラウド型のネットワークを容易に実現します。
(1)サービス名称: BroadLine CVR(SD-WAN)サービス
* CVR:Cloud Various Routerの略。仮想的なさまざまなルータ機能を提供する意。
(2)提供開始時期: 平成30年9月3日(予定)
(3)対応エリア : 日本全国(離島・山岳地等、一部ご利用不可の場合があります。)
(4)対応接続回線: 1. 当社および他社インターネット接続サービス(※詳細は別記)
          2. 当社広域イーサネットサービスBroadLine「リレーションEthernet」
            および「マルチポイントEthernet」 (本年12月対応予定)
          3. 当社格安SIMサービス「LIBMO(リブモ)」(来年1月対応予定)
(5)最低利用期間: 1ヶ月
          ※接続回線の最低利用期間は、各回線のご契約内容をご確認ください。

3.サービス提供価格(税別)
(1)基本利用料(1契約あたり): 初期料金 60,000円、月額料金 40,000円
(2)CVR機器(1台あたり) : 初期料金 25,000円、月額料金 13,000円~
 ※対応接続回線のご契約および利用料が別途必要となります(お客様と対応接続回線の提供事業者との直接契約)。

4.対応接続回線「1.当社および他社インターネット接続サービス」について
 本サービス開始時より対応するインターネット接続サービスは、以下となります。
 ・@T COM(アットティーコム)
 ・TOKAIネットワーククラブ(TNC)
 ・当社検証済みの当社および他社インターネット接続サービス
 ※接続回線としてご利用をお考えのインターネット接続サービスについては、対応状況をご契約前に確認させていただきます。
 ※対応可能な接続回線は今後順次拡充してまいります。

5.サービス提供イメージ

[画像: https://prtimes.jp/i/6954/63/resize/d6954-63-677889-0.jpg ]


6.サービスの特長
(1)ゼロタッチプロビジョニングによる簡単導入
 柔軟性・即応性・拡張性の高いさまざまなルータ機能を有するCVR機器を、低価格でレンタル提供します。この機器を対応する回線に接続するだけで自動的に設定を完了させるため、お客様は容易に拠点間ネットワークを導入することが可能です。

(2)短期間で利用開始でき、短期利用も可能
 CVR機器は、お申込み後(当社が設定情報を受領後)約2週間でお客様拠点にお届け可能です(10拠点以上の場合は別途ご相談)。加えて、接続回線はフレッツ光やモバイル回線に対応しており、お客様は、短期間で本サービスのご利用を開始することが可能です。また、本サービスの最低利用期間は1ヶ月とし、システム接続検証やデータ移行など、お客様の短期利用のニーズにお応えします。

(3)可視化・一元管理されたクラウド型ネットワーク
 お客様拠点のCVR機器とCVRコントローラが連携して、ネットワークの可視化・一元管理を実現します。お客様は、管理ツールを利用して各拠点の通信状況や機器状態、アプリケーション利用状況などをいつでも確認することが可能です。

(4)アクセスに依存しないフレキシブルな導入を実現
 接続回線はフレッツ光、モバイル、広域イーサネットと、品質・速度・技術の異なるさまざまな回線に対応いたします。固定とモバイルによる冗長アクセスにも対応し、お客様は、既存のネットワーク環境や用途・ご予算に応じて最適なネットワークをフレキシブルに導入することが可能です。

(5)トラフィック流量を抑える伝送技術による効率化
 本サービスは、従来の暗号化方式(IPsec)と比べ、セキュリティを確保しながら暗号化・認証時のフレームサイズを抑える最新技術を利用しており、トラフィックの流量を抑えることで従量課金の接続回線ご利用時のお客様コストの抑制に貢献します。

7.サービスロードマップ(今後の提供計画)について
 本サービスの今後の提供計画として、下記を予定しております。当社は積極的なサービス拡充により、お客様の利便性の向上を図ってまいります。
 本年 9月: サービス提供開始(1.当社および他社インターネット接続サービス)
   11月: インターネットブレイクアウト(SaaS型Office接続対応)
   12月: 対応アクセス回線の拡充(2.当社広域イーサネットサービス(閉域網))
 来年 1月: 対応アクセス回線の拡充(3.当社格安SIMサービス(モバイル))
       固定およびモバイル回線による冗長アクセスに対応
    3月: 大手クラウドサービスとの閉域網接続

8.キャリア・企業向け通信サービス「BroadLine」Webサイトについて
 当社のキャリア・企業向け各種通信サービスについては、下記Webサイトをご覧ください。
  https://www.broadline.ne.jp/

                                                以上


* 記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/6954/table/63_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング