テーブルにも掛けられる画期的なデカンタ『アヤム・マグナム』10月25日(水)数量限定発売

PR TIMES / 2017年10月24日 11時1分

2017年10月、オーストリアのワイングラスカンパニー「リーデル」を展開するRSN Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ウォルフガング・ アンギャル)は、テーブルにも掛けられる画期的なデカンタ『アヤム』の2倍のサイズとなる『アヤム・マグナム』を数量限定で、発売いたします。



鶏に着想を得てデザインされた『アヤム』は、2016年の発売以来フックのようにテーブルに掛けられる個性的なフォルムとワインの熟成を促進する 機能性を併せ持つデカンタとして話題になり、シカゴアテナイオン博物館グッドデザイン賞*を受賞しました。この度発売の『アヤム・マグナム』は酉年を 記念した各色500個の限定アイテムです。容量は一度にワイン2本分(1500ml)を デカンティングできるサイズで、色はレッドとブラックの2色です。


[画像1: https://prtimes.jp/i/8190/63/resize/d8190-63-680418-2.jpg ]


このデカンタは、オーストリアのリーデル本社に隣接する工房で熟練の職人によってひとつひとつハンドメイドで作られています。型を一切使わず、空中 で形を整えるフリー・ブロウン(宙吹き)という技法で成形するため、世界中でふたつと同じものがありません。ボトルからデカンタへワインの移し替えをし やすい幅のある注ぎ口は、さらに幅の広い底部へとつながり、ワインがデカンタを伝う間にも十分に空気に触れさせることができます。また、先細で丸まった持ち手はテーブルの端に掛けられる形状になっており、限られたスペースを有効に活用できます。

ワインをより美味しくするためのツールとしてはもちろん、2017年の干支、酉をモチーフにした縁起のよいオブジェとして、ギフトにもおすすめです。

「* シカゴアテナイオン博物館グッドデザイン賞」は、シカゴアテナイオン建築デザイン博物館とヨーロッパ建築美術デザイン都市計画センター (The Chicago Athenaeum: Museum of Architecture and Design and The European Centre for Architecture Art Design and Urban Studies)が主催する国際的なデザイン賞です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/8190/63/resize/d8190-63-991601-1.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/8190/63/resize/d8190-63-959073-5.jpg ]

                              
<デカンタ> アヤム・マグナム ブラック 品番2017/80 H365mm/1500ml

<デカンタ> アヤム・マグナム レッド   品番2017/88  H365mm/1500ml

クリスタルガラス製 ハンドメイド
オーストリア製
本体価格:各94,000円


■リーデル公式ブランドサイト
http://www.riedel.co.jp

■リーデル公式オンラインショップ
https://shop.riedel.co.jp

■リーデル公式 Facebook
https://ja-jp.facebook.com/riedeljapan/

■リーデル公式Instagram
https://www.instagram.com/riedel_japan/

■リーデル (RIEDEL)について

[画像4: https://prtimes.jp/i/8190/63/resize/d8190-63-596176-0.jpg ]


世界中のワイン愛好家が絶賛するオーストリアの名門ワイングラスブランド 『リーデル』
オーストリアの偉大な作曲家モーツアルトが生まれた1756 年に創業し、260 年以上もの歴史を誇るワイングラスの老舗、リーデル。同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいの印象が変わるという事実に着目し、様々なブドウ品種の個性に合わせた機能的なグラスを豊富なバリエーションで生み出しています。
これらのグラスはリーデル独自で開発するのではなく、世界中のワイン生産者たちと共に納得のいくまで “ワークショップ”(テイスティング)を繰り返し、最適な形状を探し当てるというプロセスを経て決定されます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング