【2014年独身男女のお金実態調査】 男性は再婚・晩婚に対して女性よりも積極的 女性は7割以上が年収にこだわりアリ。求める年収は平均640万円!

PR TIMES / 2014年11月28日 11時8分

デート代は「男性がおごる」が未だに多数、パートナーに使えるお金、男性は月平均2.4万円

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO 辻庸介、以下マネーフォワード)は、独身の男女2,412名を対象に、お金に関するアンケート調査を実施しました。
調査の結果、男性は女性よりも再婚や晩婚に対してポジティブであることが判明しました。また、女性は結婚相手の年収にこだわるという結果となり、平均年収640万円を結婚相手に希望することが分かりました。食事代やデート代は、「男性がおごる」カップルが未だに主流で、男性がパートナーに使えるお金は月に平均2.4万円という結果になりました。




==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==
【調査結果トピックス】
1.男性は再婚に積極的、女性は消極的。女性は歳を重ねると結婚願望が大きく減少。
男性は結婚歴・年齢に関わらず結婚願望が強く、女性は年齢が上がるほど結婚への意欲が低下するほか、結婚歴が1度でもあると結婚願望が大きく低下する事が分かりました。

2.「上カレ」が人気、年上男性・年下女性カップルが主流。パートナーを得るために「何もしていない」人が多数。
パートナーの組み合わせは、年上男性と年下女性が多い事が分かりました。また、パートナーを得るためにしていることとして、「何もしていない」と回答した人が最も多く、「友人に紹介してもらう」「合コンに参加する」などを上回る結果となりました。

3.「食事代は男性が支払う」が主流だが、女性は「おごってもらっている」自覚が少ない。
パートナーのために使える金額は男性が2.4万円で女性の約2倍。
男女ともに、約半数以上が「食事代は男性が支払う」と回答しました。また、パートナーのために使え
る金額は、女性が月平均1.3万円だったのに対して男性が2.4万円と倍額近くの結果となりました。

4.パートナーに求める年収、男性の半数以上が「特にこだわりなし」。一方、女性の7割以上が相手の年収にこだわり、平均年収640万円を希望。
パートナーに求める年収は、男性は約6割が「特にこだわりなし」と回答したのに対し、女性の約7割が年収にこだわり、さらに平均年収640万円をパートナーに望む事がわかりました。

5.貯金額は男性が女性の約1.5倍、平均646万円お金を貯めている。
貯金額は全体では平均578万円という結果になりました。また、男女別では、女性平均が438万円に対して、男性平均が女性の約1.5倍の646万円という結果になりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング