【三鷹に追加設置!】旅行者5,000万人の悩みを解決する「ポケットチェンジ」

PR TIMES / 2020年3月18日 15時25分

海外旅行で余った外貨はポケットチェンジで電子マネーにチャージ!

株式会社ポケットチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役:青山新、以下 当社)は、海外旅行で余った外国紙幣・硬貨を自国で使える電子マネーなどに交換できる専用キオスク端末「ポケットチェンジ」(以下 ポケットチェンジ端末)を、2020年3月17日よりアトレヴィ三鷹へ設置し、サービス提供を開始いたしました。



■概要


・約65%の海外旅行経験者が平均18,000円相当の外貨を「そのまま持ち帰って保管」している
・ポケットチェンジは、通常は両替できないコインなども含め、余った外貨を瞬時に電子マネーに交換できるキオスク端末。国内外約70箇所でサービス展開
・今回のアトレヴィ三鷹への端末設置により、三鷹駅でもご利用可能に


■見過ごされてきた大きな市場

「海外旅行で余った外国のお金、どうしよう…」

日本中、そして世界中の海外旅行経験者の方なら誰しも、一度はこのような経験があるのではないでしょうか。そして、それは日本人に限らず万国共通での悩みだと思います。

「海外旅行者の外貨についての意識調査」(2015年9月 ソニー銀行株式会社 調べ http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000214.000000157.html)によると、海外旅行経験者の90%に近い方が「外貨が余ったことがある」にもかかわらず、そのうち約65%の方が18,000円(平均)相当の外貨をの「そのまま持ち帰って保管」しています。

結果、持ち帰って保管した外貨は、「次に同じ国に行く機会がなかった」「どこに保管したか忘れてしまった」などの理由で、今も自宅のどこかに眠り続けています。

日本人海外旅行者約2000万人、訪日外国人(インバウンド)約3,000万人の合計約5000万人がこのような状況下にあると推測、その市場規模は日本国内だけでも年間数千億円とも推定され、これまで見過ごされてきた大きな課題と当社では考えています。

■ポケットチェンジ(サービス)について

ポケットチェンジは旅行などでの際などで使い切れず、余ってしまった外貨を簡単に電子マネーに交換することができるサービスです。現在国内主要空港など約70箇所でサービスを提供しております。ご利用方法は各主要ターミナル等に設置されているポケットチェンジ端末で、外貨を投入し、希望の電子マネーを選択するだけ。交通系ICカードや楽天Edy、WAON、nanaco、Amazonギフト券といった便利な電子マネーへと交換することができます。両替所のように並んだりすることや、個人情報のの記入するなどの必要もなく、1分程度で処理を終えることができます。

また、日本人向けの交換先だけではなく訪日外国人向けに帰国後各国で利用できる交換先も多数ご用意しております。アメリカであればTargetやUber、中国であればWeChat Pay(微信支付)、韓国であればTicketMonsterやT-COIN(T-moneyへのチャージが可能な電子マネー)への交換に対応しており、海外にお住まいの方にもお使いいただけます。
これまで空港ターミナルビルをはじめ、鉄道駅やホテル、商業施設などでサービスを展開しております。

[画像1: https://prtimes.jp/i/19691/63/resize/d19691-63-881215-0.png ]


■ アトレヴィ三鷹東京駅八重洲口への設置について

当社はこの度、下記の拠点に専用キオスク端末を設置し、サービス提供を開始いたします。


アトレヴィ三鷹 3階 改札外 (東京都三鷹市)



[画像2: https://prtimes.jp/i/19691/63/resize/d19691-63-791235-2.jpg ]


設置場所の詳細は下記のリンクからご確認いただけます(Google Map)。
https://goo.gl/maps/6ohhASD3yL2BiGYp6

アトレヴィ三鷹はJR三鷹駅直結のショッピングセンター。一部店舗は改札内にあり、改札を出る必要なく利用することが可能です。これまで三鷹市、三鷹駅周辺にはポケットチェンジの利用可能場所がなく、新宿や渋谷へ行く必要がありました。今回の設置で、三鷹駅や中央本線をご利用の方にとって、さらに便利にお使いいただくことが可能となりました。三鷹駅は成田空港駅直通の「成田エクスプレス」停車駅であるため、海外への行き帰りの際にお使いいただく事が出来ます。

当社は、引き続きすべての海外旅行者の皆様が、より便利・快適にご利用いただけるよう、設置場所・サービスの拡充に努めてまいります。

<「ポケットチェンジ」サービス紹介動画>

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=QKvz3iNv0Es ]


<「ポケットチェンジ」サービス概要>
■ 対応通貨
紙幣・硬貨ともに対応:米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円
紙幣のみ対応:台湾ドル、香港ドル、シンガポールドル、タイバーツ、ベトナムドン

■ 対応言語:日本語、英語、中国語(繁体/簡体)、韓国語

■ 交換先サービス:交通系電子マネー、WAON、楽天Edy、nanaco、Amazonギフト券、WeChat(微信)、楽天スーパーポイント(※「台湾楽天市場」でのみ利用可能)、Ctrip、ecoPayz、T-COIN、Culture Land、Ticket Monster、Ybex、Best Buy、Barnes & Noble、Uber、Zalandoなど20種類以上

■設置場所
空港、鉄道駅、ホテルや商業施設など国内外約70拠点に設置。
詳しい設置場所は、当社ホームページ「設置場所( https://www.pocket-change.jp/ja/where-to-find/ )」をご覧ください。

※「PASMO」は株式会社パスモ、「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社、「Kitaca」は北海道旅客鉄道株式会社、「TOICA」は東海旅客鉄道株式会社、「manaca」・「マナカ」は株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー、「ICOCA」は西日本旅客鉄道株式会社、「SUGOCA」は九州旅客鉄道株式会社、「nimoca」は西日本鉄道株式会社、「はやかけん」は福岡市交通局の登録商標です。
※「WAON」は、イオン株式会社の登録商標です。
※「楽天Edy」は楽天グループのプリペイド型電子マネーです。
※「nanaco」は株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。
※外貨から円貨への換算ならびに交換レートの設定はポケットチェンジ社の提供です。電子マネーやギフト券等の発行会社の提供によるものではありません。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング