順天堂大学×カルビーフルグラ 共同研究プロジェクト始動

PR TIMES / 2018年6月7日 12時1分

順天堂大学(所在地:東京都文京区、学長:新井一)とカルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼COO:伊藤秀二)は、6月6日(水)に順天堂大学にて、共同研究講座「グラノーラ健康科学・予防医学講座」(代表者:天野篤)の開設について記者発表会を実施しました。



本講座では、「フルグラ」の様々な健康価値について、3年計画で研究に取り組み、朝食を「フルグラ」に変えることにより、減塩による降圧効果や脂質異常の改善にどのように寄与するのかについて、その機序を含めた科学的な解明を目指します。降圧効果や脂質プロファイルの改善効果による高血圧症、脂質異常症等の生活習慣病の予防や生活習慣病に起因する動脈硬化性疾患の予防を実現できれば、国内及び同様の病態が急増しているアジア諸国における健康、医療経済に大きく寄与することが期待されます。

共同研究プロジェクト開始に至った経緯や思いについて、松本晃(カルビー株式会社 代表取締役会長兼CEO)、天野篤(順天堂大学大学院医学研究科心臓血管外科学 教授、順天堂医院 院長)より説明しました。松本会長は、「私自身、毎日朝食にフルグラを食べており、こんなに美味しくて健康に良いものはないと思っています。しかし、本当に健康に良いものだということは、現状証明できていません。塩分過多な日本人の朝食をフルグラに置き換え、減塩をすることによって高血圧をはじめ様々な疾患に効果が期待できると思っています。親交のあった天野先生にご相談をして、共同研究プロジェクト始動に至った。」と話しました。天野教授は、「松本会長から共同研究のお話をいただいた時に、グラノーラ朝食は幅広い世代に受け入れられ、無理なく減塩ができると感じ快諾しました。日本人の朝食は世界的にみても塩分摂取量が多く、その塩分過多な食生活は高血圧から腎臓病や脳卒中など、様々な病気に繋がります。また、仮に我々が治療をしても、患者さんの生活習慣自体が改善しないと再発してしまいます。グラノーラ朝食を通じて、高齢者の塩分過多な食生活自体を改善し、高齢者の高いQOL(Quality Of Life)を確立するというミッションの一助となればと考えています。」と説明しました。

今回の共同研究プロジェクトは、心臓血管外科、腎臓内科、循環器内科の3科がそれぞれの研究テーマを掲げて実施します。研究計画について順天堂大学医学部の4人の先生からの説明は下記となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング