1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【国内暗号資産交換業者で初*】脆弱性発見者に報奨金をお支払いする「バグバウンティプログラム」を開始いたしました。

PR TIMES / 2021年2月16日 15時45分



[画像: https://prtimes.jp/i/24344/63/resize/d24344-63-495643-0.png ]


ビットバンク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廣末紀之)はウェブサービスやアプリケーションのセキュリティを強化するために、バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)を開始いたしました。

国内暗号資産交換業者での導入は初* の事例となります。

■ バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)とは
企業が提供するウェブサービスやアプリケーションなどに対して、セキュリティ上の脆弱性を発見・報告してくれた方に企業が報奨金を支払う取り組みです。

■ 詳細
公開日   : 2021 年 2 月 16 日(火)
報奨金範囲 : 5,000 円 ~ 5,000,000 円
公開場所  : https://bugbounty.jp/program/qb8PhPWbO1FZvf74ds8cgjNg


プログラム内容の詳細は、上記リンクからご参照ください。

■ 背景
ビットバンクは外部の脆弱性の発見者に対して、報奨金を支払う文化への賛同を示すとともに、Visionに掲げる「オープンでフェアな社会の実現」に向けた取り組みの一環として位置付けております。

これまでに外部の脆弱性診断会社による診断サービスの受診を含めて、様々なセキュリティ強化策を講じてきました。バグバウンティプログラムを一般公開することで、ホワイトハッカーから広くご意見を賜り、より検知難易度の高い潜在的なセキュリティリスクにいち早く気づくことができる体制づくりを目指してまいります。

今後はバグバウンティプログラムの対象範囲を広げていくことを予定しており、個別に開発環境に招待するプライベートプログラムの導入も検討しております。

弊社は暗号資産(仮想通貨)の普及促進のため、様々な活動を行ってまいります。

今後ともビットバンクをよろしくお願いします。

*当社が、一般に公開された情報に基づき、国内暗号資産交換業者に関する状況を調査


暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンクに今すぐ登録
https://bitbank.cc/?f=bitbank_pressrelease&utm_source=bitbank&utm_medium=pressrelease

ビットバンク株式会社について
当社は「ビットコインの技術で、世界中にあらゆる価値を流通させる」をミッションに、ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)業界の健全な発展を願い、以下のサービスを運営しております。

ビットバンク < https://bitbank.cc/
ビットバンク(bitbank)は、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の暗号資産(仮想通貨)を売買できる暗号資産(仮想通貨)取引所です。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビットバンクで、一歩先の暗号資産(仮想通貨)トレードを。

マーケット情報 - MARKETS < https://markets.bitbank.cc/
ビットコイン(Bitcoin)、ブロックチェーン、暗号資産(仮想通貨)に関する情報収集はビットバンク マーケット情報で!世界中の最新のトピックス、ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)の相場・市況分析をどこよりも早く正確にご紹介していきます。

会社概要
会社名 ビットバンク株式会社 bitbank, Inc.
URL https://bitcoinbank.co.jp/
代表者 代表取締役CEO 廣末紀之
住所 〒141-0031
東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
設立 2014年5月7日
資本金 11億3395万円(資本準備金含む)‎
事業内容 暗号資産(仮想通貨)関連事業
関東財務局長(暗号資産交換業者)登録番号 第00004号
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング