ヴィエリス、内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画

PR TIMES / 2020年9月3日 15時15分

 全身脱毛サロン「KIREIMO(キレイモ)」( https://kireimo.jp/)を運営する株式会社ヴィエリス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐伯真唯子、以下ヴィエリス)は、SDGsへの取り組みを推進するため、内閣府地方創生推進事務局が発足した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ、令和2年8月11日に入会の承認を受け、会員企業として加盟したことをお知らせいたします。




ヴィエリス、地方創生SDGs官民連携プラットフォーム入会のお知らせ  https://vielis.co.jp/#news_anchor


[画像: https://prtimes.jp/i/26568/63/resize/d26568-63-836256-0.png ]

 ヴィエリスが運営している全身脱毛サロン「キレイモ」は、60箇所に拠点を持ち(2020年9月現在)、地方における雇用創出の面において地方創生に貢献しています。さらに、社を挙げて尽力している、女性に多いと言われている”実績があっても自分の実力として認められず自信を持てない症状”である「インポスター症候群」の存在を社内で啓蒙し、改善に向けたプログラムを実施することで、社員の入社年数や年齢、経験に関係なく、全国にいるすべての社員が活き活きと自信を持って働ける環境づくりに取り組んでおります。
 「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」への参画で、より一層「インポスター症候群」の改善を周知させるとともに、会員企業や都道府県・市町村、関係省庁の皆様と力を合わせ、我が国におけるSDGsへの取り組みを強化することで、積極的に社会貢献を行ってまいります。


地方創生 SDGs 官民連携プラットフォームについて

 内閣府では、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、地方創生SDGs官民連携プラットフォームを設置しています。(地方創生SDGs官民連携プラットフォーム: http://future-city.jp/platform/


会社概要

社名    :株式会社ヴィエリス( https://vielis.co.jp/
代表者   :代表取締役 兼 CEO 佐伯 真唯子
所在地   :〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷2-1-8 Barbizon8 8F
資本金   :3,000万円
従業員数  :1,500名(2020年2月末現在)
事業内容  :全身脱毛エステサロン「キレイモ」の運営、オリジナル化粧品の製造及び販売
       男性専用脱毛サロン「メンズキレイモ」の運営 
       サイエンスダイエット・エステ「スレンダ銀座」の運営
       パーソナライズ・ボディメイク・ジム「プラスミー」の運営
サービスURL: https://kireimo.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング