1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【南青山アドバイザリーグループ】株式会社大塚商会共催 オンラインセミナー「キーエンスに学ぶ付加価値のつくりかたと新たな報酬制度『エンゲージメントストック』」が開催決定

PR TIMES / 2023年11月16日 23時40分



南青山アドバイザリーグループ(本社:東京都港区、代表:仙石 実、以下「当社」)は、2023年11月14日(火)、16日(木)、12月19日(火)に開催される株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表:大塚 裕司)共催のオンラインセミナー「キーエンスに学ぶ付加価値のつくりかたと新たな報酬制度『エンゲージメントストック』」に登壇します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/33965/63/resize/d33965-63-c1c4ec492cf575f34fe9-0.png ]



■セミナー概要
・日時:2023年11月14日(火) 10:30~11:30
・日時:2023年11月16日(木) 14:00~15:00
会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
配信環境:Zoom
参加費:無料(事前申込制)
締め切り日:各開催日1営業日前 17:00まで
https://www.otsuka-shokai.co.jp/event/region/23/1116si/ 

・日時:2023年12月19日(火) 15:50~16:50
会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
配信環境:Zoom
締め切り日:2023年12月15日(金) 13:00まで
https://www.otsuka-shokai.co.jp/event/online/23/12/?p=L03 

■セミナー内容
本セミナーでは、元株式会社キーエンス出身、現株式会社カクシン代表取締役CEO田尻望様によるキーエンスに学ぶ付加価値のつくりかたと会社の付加価値向上が従業員に報酬として還元されていることを可視化する業績連動型報酬制度『エンゲージメントストック』についてお話しいたします。
『エンゲージメントストック』とは、従業員が自分の仕事の成果に対して、インセンティブをもって働くための新しいプロジェクト型賞与制度です。この制度を導入することにより次のような効果が生まれます。
個人と会社でしっかりと事前にルール決めができる

「お金をもらって働く」から、「働いてお金をもらう」 という思考へ変化

個人よりチーム。 チームより組織という価値観の醸成

「人が足りないから増やしてほしい」 から 「自らの付加価値を増やす」 へ意識づけを変化


エンゲージメントストック』が通常の賞与と異なる点は、営業利益などのKPIに連動して支給時期を3年や5年後に設定できます。既存の評価制度や賞与制度にしばられることなく新たな法人と従業員の契約として導入可能であり、事業計画の達成などの業績条件も織り込み可能で、さらにSaaSツールにより可視化することでモチベーションと退職防止につながる設計を可能とします。
株式会社キーエンスの2023年の平均年収は2,279万3,000円とのことです。業績賞与として営業利益の10%が全社員に還元されるという仕組みであり、2023年の1人あたり年間1,600万円ほどの業績給が得られていると考えられます。これは、人件費の固定費部分が30%、変動費部分が70%と言われています。エンゲージメントストックでは、これと同様のロジックを会社全体や部門毎に設計可能となっています。すなわち、人件費の変動費化により、経営リスクを低減しつつ、賃金の上昇と生産性の向上が期待でき、人的資本経営の潮流に沿う制度となっています。

■主催
南青山アドバイザリーグループ、株式会社大塚商会

■講師
南青山アドバイザリーグループ代表
(南青山FAS株式会社/南青山税理士法人)
公認会計士/税理士
仙石 実
[画像2: https://prtimes.jp/i/33965/63/resize/d33965-63-087748c82f7fab38c66d-5.jpg ]


株式会社カクシン
代表取締役CEO
田尻 望
[画像3: https://prtimes.jp/i/33965/63/resize/d33965-63-e7eedf5b7c362d4cd687-2.jpg ]


■ストックオプションクラウドについて

[画像4: https://prtimes.jp/i/33965/63/resize/d33965-63-80cc77f6c166089c9989-3.jpg ]


多くのストックオプションの設計に関与してきた南青山アドバイザリーグループが開発したSaaS型ストックオプション管理ツールです。
ストックオプションクラウドは、ストックオプションを保有する従業員に、クラウド画面上でストックオプションがもたらす経済的リターンをわかりやすく「見える化」し、従業員のモチベーションを向上させる管理ツールです。ストックオプションについての税金計算も実装となっており各従業員の手取り額がわかるようになっています。
管理者にとっても、従業員のストックオプションの行使管理、新株予約権原簿や法定調書の作成機能など管理コストの削減につながるような機能を複数実装しています。
税制適格、税制非適格、有償、信託型ストックオプションすべてに対応するストックオプションの歴史に革命を起こすサービスです。

HP:https://www.stockoption.cloud/

■エンゲージメントストックについて

[画像5: https://prtimes.jp/i/33965/63/resize/d33965-63-f96e695e4f2be7ab21c8-4.jpg ]



エンゲージメントストックは、仮想の株式(ファントムストック)を従業員に付与し、仮想の株価により業績連動型報酬を従業員に現金で支給する制度です。仮想の株価には、営業利益や利益剰余金などのKPIを活用することができます。全体のKPIだけではなく、部門別のKPIの管理も可能です。従業員の採用、モチベーションの向上、退職防止(リテンション)につながる、中長期的な利益還元制度の設計を可能にします。
エンゲージメントストックは仮想株式のため、オーナーの株式の稀薄化を防止できるほか、上場企業、上場準備企業、中小企業、さらには医療法人や税理士法人などでも活用できます。
当社サービスのSaaS型ストックオプション管理ツール「ストックオプションクラウド」でエンゲージメントストックは管理可能なため、従業員の報酬金額を可視化して社員のモチベーションを上げる施策の一つになると思います。

HP:https://engagement.stockoption.cloud/

■南青山アドバイザリーグループについて
当社は2013年の創業以来、経営理念である『専門性』『誠実性』『迅速性』という3つの柱を軸に、会計・税務のコンサルティングファームとして、1,000件を超える案件に関与してまいりました。個人事業主から上場企業まで、幅広いクライアントに対する顧問業務、資本政策やストックオプションの設計などのIPO支援業務、仲介業務、デューデリジェンス業務、バリュエーション業務などのM&A支援業務を行っております。

IPO・M&Aを目指す経営者のための学びのコミュニティ『IPO・M&A ACADEMY』、スタートアップの資金調達・ビジネスマッチングサイト『LEADERS online』を運営するなど、IPO・M&A準備企業、スタートアップ企業の支援にも力を入れています。

これまでの多くのストックオプション導入、運用をサポートしてきた経験を基にSaaS型ストックオプション管理ツール「ストックオプションクラウド」及び仮想株式を活用した業績連動型報酬制度「エンゲージメントストック」を開発し、提供を行っております。

■南青山アドバイザリーグループ  
(南青山FAS株式会社/南青山税理士法人/南青山リーダーズ株式会社)
所在地:  〒107-6030 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル30F
代表:   仙石 実
設立:   2013年3月
事業内容: 会計税務支援業務、IPO・M&A支援業務、財務税務デューデリジェンス業務バリュエーション業務、事業承継支援業務
HP:    http://minami-aoyama.jp/
ストックオプションクラウド:https://www.stockoption.cloud/ 
エンゲージメントストック:https://engagement.stockoption.cloud/ 

■本リリースに関する問合せ
南青山アドバイザリーグループ広報担当
メール:  info@minami-aoyama.jp
TEL:   03-6459-1672

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください