アルテラの Cyclone V GT FPGA、最小の消費電力を実現する FPGA として業界で初めて 5 Gbps の PCI Express Gen 2 に準拠

PR TIMES / 2013年3月19日 10時38分

・低消費電力 28nm FPGA として、PCI Express Gen 2 アプリケーションの
システム全体のコストを削減する、業界唯一の量産デバイス

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:日隈 寛和、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は米国時間3月18日(日本時間:3月19日)、同社の 28nm Cyclone(R) V GT FPGA が PCI Express(R) (PCIe(R)) 2.0 コンプライアンス・テストに合格したことを発表しました。本日より量産出荷される Cyclone V GT FPGA は、データ速度が 5 Gbps の PCIe 2.0 の相互接続性を実現する業界初の低コスト・低消費電力の FPGA となります。Cyclone V GT FPGA は、最近のPCI-SIG(R) ワークショップで PCI-SIG のすべてのコンプライアンスおよび相互接続性テストに合格し、PCI-SIG インテグレーターズ・リストに名を連ねました。Cyclone V GT FPGA は、PCIe Gen 2 ベースのアプリケーションを開発する際、従来の FPGA に比べて、システムコストとシステム消費電力を大幅に削減することができます。

アルテラのシニア・プロダクト・マーケティング・マネージャのサブリナ・ラザ(Sabrina Raza)は、「Cyclone V GT FPGA の PCIe Gen 2 への準拠は、当社の 28nm Cyclone V FPGA ファミリの出荷実績における新たなマイルストーンを打ち立てたことになります。PCIe Gen 2 のシステム性能を必要とする顧客は今後、低消費電力 FPGA を使用して、システム全体のコストを削減できるようになります。当社のトランシーバ技術の専門知識と PCIe デザイン・ソリューションの熟練した開発能力を活用することで実現した PCIe Gen 2 準拠の Cyclone V GT FPGA により、性能を落とすことなく、システムコストを大幅に削減することができます」と述べています。

Cyclone V GT FPGA は、最大 5 Gbps のデータ速度で動作するトランシーバを内蔵し、2 つのハード・マクロ化された PCIe IP ブロックをデバイス内に組み込んでいます。PCIe ハード IP ブロックは、設計チームの生産性を向上させる一方で、システム性能とシステムの機能性を高めることができます。PCIe 準拠のハード IP ブロックは、PHY-MAC、データリンク、およびトランザクション・レイヤからなります。同ブロックは、エンドポイントやルートポートとして機能するように設定でき、最大 4 レーンまでサポートします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング