データサイエンティスト育成分野での教育ビジネスに参入

PR TIMES / 2013年8月6日 18時57分

~コアスキルと実践力を鍛える研修プログラムを本日より提供開始~

データ分析および関連サービスを提供する株式会社ブレインパッド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:草野 隆史、以下ブレインパッド)は、ビッグデータや統計学への関心の高まりとともに注目される「データサイエンティスト(分析人材)」の育成ならびに、企業におけるビッグデータ分析組織の導入を支援する研修プログラムを開発し、このたび教育ビジネスに新規参入いたします。



 データ分析の中核人材となる「データサイエンティスト」には、「ビジネス/問題解決」、「データサイエンス/分析」、「IT/エンジニアリング」などの広範囲にわたる知識・経験と、これらを有機的に結び付けてビジネス改善につなげる力が必要であると言われております。
しかし、国内では、これらを体系的に学べる機会が少ないことが人材育成上の課題となっており、ブレインパッドには「データサイエンティストをどのように育成すればいいのか」、「どのようなスキルを身につければいいのか」といった声が多数寄せられておりました。

 ブレインパッドでは、このような声に応えるべく、教育ビジネスの第一弾として「データサイエンティスト」のコアスキル確立を支援する「データサイエンティスト入門研修 SQLによる集計・分析」の提供を本日より開始いたします。


 本サービスは、ブレインパッドが創業来10年近くにわたり、金融、メーカー、流通・小売、サービスなど幅広い業種にわたるクライアント企業に提供してきた分析サービスのノウハウと、社内向けに実施してきた人材育成プログラムを体系化したものです。

 ブレインパッドは、2007年より新卒採用者を中心に、社内で独自に分析人材を育成し、現在、50名を超えるデータサイエンティストを有しております。また、本年1月には、中国・大連市にデータ分析業務のオフショア拠点を設立するなど、分析人材の育成と組織構築に積極的に取り組んでまいりました。本サービスでは、そのノウハウと実績を踏まえた実践的な研修プログラムを提供する予定です。

■今後のスケジュール
 ・本日より、団体向け「カスタマイズ/パッケージプログラム」の申込受付を開始し、
  「SQLによる集計・分析」を皮切りに、順次、開講していく予定です。
 ▼受付フォームURL▼
  https://info.brainpad.co.jp/public/application/add/45
 ・8月下旬より、個人向け「パッケージプログラム」の申込受付を開始し、
  「SQLによる集計・分析」を皮切りに、順次、開講していく予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング