マランツ 一体型AVレシーバーの最上位モデル SR7009 が登場

PR TIMES / 2014年9月12日 10時0分

Dolby Atmos対応、9chフルディスクリート・パワーアンプ搭載 一体型AVレシーバーの最上位モデル SR7009



マランツは、Dolby Atmosに対応した9chアンプ搭載AVサラウンドレシーバー「SR7009」を発売いたします。

SR7009は、最大出力235W の9chフルディスクリート・パワーアンプを搭載。4Ωのスピーカーとの接続にも対応し、幅広いスピーカーとの組み合わせが可能です。プリアンプセクションには、マランツがHi-Fi コンポーネントやハイエンドAV アンプで磨き上げてきた、電流帰還型増幅回路を投入しました。さらに、その心臓部にはマランツオリジナルのディスクリート高速アンプモジュールHDAM(R)を搭載。ワイドレンジ、豊かな情報量、低歪、そしてハイスピードなサウンドを実現し、Dolby Atmosによる、立体的な音の定位、移動感、そしてこれまでにない包囲感を緻密に再現します。DSP、プリアンプは最大11.2chのプロセッシングに対応。

Wi-Fi とBluetooth(R) 機能を新たに内蔵。スマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスとワイヤレスで接続して気軽に音楽を楽しめます。また、映画や音楽を楽しみながら、不要な電力の節約ができるエコモードを搭載。消費電力をオンスクリーンで表示し、確認することが可能です。初期設定をガイドするセットアップアシスタントと日本語対応GUI に加えて、スマートセレクト機能を搭載。よく使う設定をスマートセレクトボタンに記憶させることで、常に同じ再生環境を簡単に呼び出して楽しめます。

4K / 60p、4:4:4 24bitビデオ信号の入出力に対応するHDMI端子を8入力/3出力装備*。プロジェクターとTVへの同時出力に加え、HDMIビデオのマルチルーム配信も可能です。ネットワーク機能は、新たにDSD、AIFFファイルの再生に対応。最上位モデルにふさわしいサウンドクオリティと豊富な機能を兼ね備えています。

*フロントHDMIは最大4K / 30pまで


マランツ・ブランドについて

“Marantz”は1953年にソウル・B・マランツ氏が、米国にてプレミアムオーディオ製品の開発・製造・販売をおこなうブランドとして設立。プリアンプmodel 7、パワーアンプmodel 9をはじめ市場から名機と賞賛される数々の製品を世に送り出してきました。1982年には世界初のCDプレーヤー、CD-63を発売。

創業60周年を迎えた今、マランツはホームエンターテイメント機器のプレミアムブランドとして世界中で認められています。技術は、日々進化すると同時に複雑さを増していますが、鋭い感性を持った音楽愛好家達の期待をも超越するという創業以来のソウル・B・マランツの精神は、常にマランツ製品の中に反映されています。

詳細はhttp://www.marantz.jpをご覧下さい。


製品に関するお問い合わせ

株式会社 ディーアンドエムホールディングス

D&Mお客様相談センター

Tel 0570-666-112


プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社 ディーアンドエムホールディングス

国内営業本部

Tel 044-670-6612


※プレスリリースに記載された情報は発表日現在のものです。

※製品、サービス内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがあります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング