【新刊書籍】組織の経営マネジメントシステムに労働安全衛生マネジメントシステムを統合するための手引となる、『ISO 45001の経営マネジメントシステムへの統合ガイド』を発行!

PR TIMES / 2019年11月29日 12時45分

 「組織の従業員が健康で衛生的な職場環境で業務に従事すること」は、経営の必須事項であると言えます。そのための要求事項を示した規格がISO 45001ですが、自組織の現状にあわないマネジメントシステムを構築したとしても、ISO 45001本来の効果は発揮できません。
 そこで、本書では、組織がISO 45001に基づく労働安全衛生マネジメントシステムを導入する際に、ISO 45001の要求事項を事業プロセスに円滑に統合するための考え方と方策を解説しています。
  具体的には、統合のための手順として、「トップから統合方針を示す」「適用可能性について理解する」「ISO規格の構成要素と事業プロセスとの関係を明確にする」「事業プロセスと規格要求事項を結び付ける」「標準書へ反映する」といった観点から解説をしています。
 この機会に貴社の経営マネジメントシステムに実効性のあるISO 45001 労働安全衛生マネジメントシステムの構築をご検討ください!!




《書籍案内》

本書の特長は、架空企業の事例を用いて解説をしている点です。架空企業の事例を貴社に置き換えて読んでいただくと、貴社の経営マネジメントシステムと労働安全衛生マネジメントシステムとの統合に大変有用です。五つの手順による統合の具体的な進め方を紹介しており、またこの際に重要となる「プロセス」と「事業プロセス」について、特に詳細な解説をしています。

▼序章では、“ISO 45001の経営マネジメントシステムへの統合”について概要を述べるとともに、本書全体の内容を概説しています。

▼第1章では、ISO 45001労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)について説明をしています。OHSMSの成り立ちなどから言及をしているので、基礎知識がない方でも理解しやすい内容となっています。

▼第2章と第3章では、統合のために必要となる知識について言及をしています。第3章ではAPQC(米国生産性品質センター)とJSQC(日本品質管理学会)の各モデルを紹介しつつ、事業プロセスについて解説をしています。

▼第4章では、本書の目的である“ISO 45001の経営マネジメントシステムへの統合”の方法について、五つの手順・架空企業の事例を用いて解説をしています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/4052/64/resize/d4052-64-593235-0.jpg ]



▼書籍情報

『労働安全衛生マネジメントシステムISO 45001の経営マネジメントシステムへの統合ガイド』

平林良人 斉藤 忠 共著

本体価格:3,000円(税抜) A5判 152頁

https://webdesk.jsa.or.jp/books/W11M0100/index/?syohin_cd=340280


▽当協会では、労働安全衛生マネジメント関連書籍を取り揃えております。

学習にお役立てください!!

https://webdesk.jsa.or.jp/books/W11S0260/getSearchAllListByLink?large_cls_cd=004&middle_cls_cd=009

(担当部門:出版情報ユニット 販売サービスチーム TEL 03-4231-8550、MAIL csd@jsa.or.jp)


日本規格協会では、労働安全衛生マネジメントシステムに関する各種セミナーや日本で最古のマネジメントシステム認証機関としての長年の経験による熟練した認証審査サービスを提供しております。


《セミナー案内》
▽ISO 45000 セミナー

https://webdesk.jsa.or.jp/seminar/W12M1050/index/s_j_ISO45000/005/005


(担当部門:研修ユニット 研修事業チーム TEL 03-4231-8570、MAIL etd@jsa.or.jp)


《審査登録案内》

ISO45001に基づくOHSMS認証を受け付けております。

https://shinsaweb.jsa.or.jp/MS/Service/ISO45001


(担当部門:マーケティングユニット 営業チーム TEL 03-4231-8506、MAIL msed@jsa.or.jp)


ISO 45001に関しまして、特設ページを設けております。

書籍以外にも、組織の認証審査やセミナー・説明会、資格登録についての情報がご覧いただけます。
是非ご覧ください!!
https://www.jsa.or.jp/iso45001sp/

[画像2: https://prtimes.jp/i/4052/64/resize/d4052-64-818128-1.png ]


■日本規格協会グループ(JSA)について


日本規格協会は、1945年12月に 「工業標準化及び規格統一に関する普及並びに啓発等を図り、技術の向上、生産の能率化に貢献すること」を目的に設立されました。

「標準化ナショナルセンター」である当協会では、JISの開発、JSA規格の開発、国際規格ISO、 IECの開発、JIS規格票の発行と販売、国際規格・海外規格の頒布、年間約100種類に及ぶ多彩なセミナーの提供、ISO 9000、ISO 14000をはじめとする各種マネジメントシステムの審査登録、各種サービスに関する認証、マネジメントシステム審査員などの資格登録、品質管理検定(QC検定)等の事業に取り組んでおります。

2019年4月1日、標準化活動のグローバル化をより一層推進するため、規格開発部門と認証部門を分離するなどの体制整備を行い、一般財団法人日本規格協会、日本規格協会ソリューションズ株式会社、一般財団法人日本要員認証協会の三法人から成る「日本規格協会グループ」として、事業を開始しました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング