1型糖尿病に関する認知度調査を1000名に実施

PR TIMES / 2013年11月5日 17時56分

「1型糖尿病」という病名さえ聞いたことがない人が6割を占め、 病名を聞いたことがある人も、原因は「食べすぎ、運動不足」などと誤解 ~疾患の理解促進、診断時の精神的なサポートのための小冊子を開発~



日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:アルフォンゾ・G・ズルエッタ)は、11月14日の「世界糖尿病デー」に先駆け、「1型糖尿病」に対する一般認知度を把握すべく1000名を対象に調査を行いました。また同時に、疾患の理解促進、診断時の精神的なサポートのための小冊子を開発したことを発表いたします。

厚生労働省の「2011年国民健康・栄養調査報告」では日本国民の27.1%が糖尿病かその予備軍であることが報告されており、糖尿病は日本人の国民病とまで言われています。ただ、糖尿病というと、食事や運動などの生活習慣と関係している場合が多い2型糖尿病のイメージが強く、膵臓のβ細胞が破壊されることにより、インスリンがほとんど分泌されなくなる「1型糖尿病」はあまり知られていないのが現状です。しかし「1型糖尿病」は、国内で年間約1万4千人が発症し、約21万人が治療を続けている決して珍しくない疾患です。

そこで、「1型糖尿病」に対する一般認知度を把握するために今回の調査に至りました。その結果、疾患の名前さえ聞いたことのない人たちが6割を占め、さらに「知っている」、「名前を聞いたことがある」と回答した人たちの中にも、「食べ過ぎ、運動不足などの生活習慣が原因で発症する」などの誤解をしている人が多いことが分かりました。

認知度が低く誤解も多い中、1型糖尿病と診断された患者さんは、自身が糖尿病である事実をなかなか受け入れられず、治療に前向きになれなかったり、周囲の人に打ち明けられないでいたりすることがあると考えられます。自分の子どもが1型糖尿病と診断され、悲しみにくれ自分を責めてしまうご両親もいらっしゃいます。

”Personal solutions for everyday life.” をスローガンに掲げるイーライリリーは、世界初のインスリン製剤「アイレチン」を1923年に発売しました。その後90年にわたり、一人ひとりの患者さんに対して治療薬のみならず、様々なサポートを提供することで糖尿病治療のベストパートナーになることを目指しています。社会における1型糖尿病の正しい認知の促進を図るとともに、患者さんの診断時の精神的なサポートをするため、ライフステージに合わせた啓発小冊子を、このたび開発したことを併せてお知らせいたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング