ニューヨークにて、UBIC主催のシグネチャー・セミナー・シリーズを開催

PR TIMES / 2014年9月26日 18時0分

~有識者を集め、ビッグデータ時代における有効的な情報ガバナンスについて議論~

 米ナスダック、東証マザーズ上場で人工知能を駆使した、ビッグデータ解析事業を手がけるUBIC(本社:東京都港区、代表取締役社長・守本正宏)は、9月19日にニューヨーク マンハッタンの プリンストン・クラブにて、「シグネチャー・セミナー・シリーズ」の一環として、“How Evolving Big Data Can Enable Information Governance”と題したセミナーを開催いたしました。
 当セミナーでは、法律事務所のパートナー弁護士、政府担当官と企業法務担当者などのプロフェッショナルの方々を対象として、新たな課題に関するハイレベルで情報豊富なディスカッションの機会を提供するものです。年に数回開催され、今回も業界の著名な専門家の方々にご参加いただき、約40名が出席しました。




 基調講演では、プロフェッショナルスピーカーであり、“The Untold Story of my Quest for Justice and The Complete Guide to Convertible Securities Worldwide”の著者として業界でも著名な、Laura Zubulake氏が、ディスカバリの基礎と情報ガバナンスにおける例を解説。また、プレゼンテーションのセッションでは、Jay Brudz氏より、情報ガバナンスにおける、ビッグデータの可能性について解説し、活発な議論が行われました。

 最後に、UBIC本社執行役員兼UBIC North America, Inc. Counsel & Chief Global Risk OfficerのPaul Starrettが、増え続けるビッグデータを処理するために、現代の企業が必要とする、有効的な情報ガバナンスの指針や手順について、人工知能を駆使した解析手法に関する解説を行い、注目を集めました。なお、Paul Starrettは米国最大の法曹協会である、American Bar Association (ABA)におけるBig Data Committeeの代表を務めております。

 このように、UBICのシグネチャー・セミナー・シリーズでは、常にハイレベルで経験豊富な有資格者を講師に迎え、ディスカバリにおいて最新のテクノロジーを活用することのメリットと課題を取り上げることにより、同分野のさらなる活性化に貢献してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング