1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

AJA 社、Desktop Software v16 を発表

PR TIMES / 2021年3月3日 12時45分

SDI 経由での HDR 伝送、IP ビデオのサポート拡張、KONA・Io シリーズと新製品 T-TAP Pro への対応を追加した無料アップデート

AJA 社が本日公開した「Desktop Software v16」では、ハイダイナミックレンジ (HDR) の SDI 伝送が可能となり、IP ビデオの機能を拡張、発表されたばかりの新製品 Thunderbolt(TM) 3 出力対応デバイス T-TAP Pro への対応、最新のハードウェアと OS への互換性が追加されました。
今回の無料アップデートにより、AJA の KONA / Io シリーズ製品と新製品 T-TAP Pro では、HDR を SDI 経由で扱えるようになります。高精度なモニタリングに役立つ新機能が追加され、AJA Control Panel ソフトウェアでは、SDI と HDMI の両端子から HDR の同時伝送が可能に、AJA Control Room および AJA Control Panel には、HDR メタデータのキャプチャー機能と HDR 自動再生検出機能が加わりました。



[画像: https://prtimes.jp/i/8686/64/resize/d8686-64-741652-0.jpg ]


株式会社アスク (本社:東京都千代田区) は、同社が日本総代理店を務める AJA Video Systems 社の最新の製品情報を公開しました。

AJA Video Systems 社は本日、Desktop Software v16 を発表しました。今回の無料アップデートにより、AJA の KONA・Io シリーズ製品と、T-TAP Pro に対応する新機能が追加されます。

ハイダイナミックレンジ (HDR) の SDI 伝送が可能となり、IP ビデオの機能を拡張、発表されたばかりの新製品 Thunderbolt™ 3 出力対応デバイス T-TAP Pro にも対応し、最新のハードウェアとオペレーティングシステムへの互換性が拡張されました。

Desktop Software v16 では、macOS(R)、Windows(R)、Linux(R) の最新オペレーティングシステムへの互換性がアップデートされます。macOS 11.x Big Sur、Ubuntu 20.04 LTS、Redhat/CentOS 8 に対応し、Windows 10 も引き続きサポートしています。

Desktop Software v16 では、ハイエンド向けコンピューター製品へのサポートが強化・拡張されています。AJA 製の PCIe カードや Thunderbolt デバイスを接続した Mac Pro 2019 年モデルに対応し、AJA 製 PCIe カードは、Supermicro X11DAI、X11SPA+TF、X11DPG にも対応します。

Desktop Software v16 は IP ビデオワークフローの互換性も向上しています。NMOS 1.3 にアップデートした NMOS 準拠のデバイスに対応し、KONA IP、Io IP、Avid Artist™ | DNxIP™ 向けに新たに LLDP によるトラブルシューティング機能も追加されました。

KONA シリーズや Io シリーズの一部や新製品の T-TAP Pro では、Desktop Software v16 により SDI 経由で HDR を扱えるようになります。今回のアップデートに含まれる AJA Control Panel ソフトウェアでは、HDR メニュータブが新しくなりました。SDI と HDMI の両端子から HDR の同時伝送が可能になりました。AJA Control Room と AJA Control Panel には、HDR メタデータのキャプチャー機能と HDR 自動再生検出機能が追加されました。高精度が要求されるモニタリング時に役立つ使いやすいツールです。

Desktop Software v16 は、AJA の主要な 8K ワークフローソリューションを合理化します。KONA 5 に機能が追加され、Apple(R) Final Cut Pro(R) と Avid(R) Media Composer(R) での 8K モニタリングや出力に対応します。

さらに OEM 開発者向け AJA Software Development Kit (SDK) v16 も新たにリリースされ、12-bit/HDR を扱うハイエンドなワークフローとエンコーディングを簡易化できます。

SDK v16 は、KONA 5 と Corvid 44 12G での 12-bit ワークフローを強化します。12-bit 素材を扱う際の Color Space Conversion (色空間の変換) と、LUTs へのサポートが追加されています。

KONA 5 と Corvid 44 では、新たに 12G 8K ビットファイルが更新され、開発者は 12G に加え 3G マルチリンクオプションを利用可能になりました。

さらにエンコーディングソリューションでは 4:2:0 フォーマットに対応しました。トランスコーディングを介さず、直接 4:2:0 でキャプチャーしたり出力したりできるようになるため時間と費用を節約できます。

AJA Video Systems 社、社長 Nick Rashby 氏は以下のように述べています。
「AJA はクリエイティブ向けの主要なソフトウェア・アプリケーションのために、最も包括的なツールセットを提供しています。当社最新のアップデート Desktop Software v16 では、AJA KONA、Io、T-TAP 製品の信頼性と使いやすさを向上する、強力な新機能を追加しています。
Desktop Software v16 には、最新の納品形式で作業を行うクリエイティブなプロ向けに、ハードウェア製品への互換性と画期的な機能が追加されました。」

AJA T-TAP Pro、KONA 5、KONA HDMI などの製品を使って、放送、ポストプロダクション、オーディオ・ビデオのアプリケーション向けに、独自のシステムとソリューションを構築してきた AJA 開発パートナーの多くは、すでに Desktop Software v16 の新機能を活用し始めています。

Drastic Technologies 社 CTO、James Brooks 氏は以下のように述べています。
「Desktop Software v16 と開発者向けの SDK 版を、当社の videoQC および FlowCaster 製品と統合すれば、お客様は 4K フル HDR の信号を世界中のどこからでも、ローカルモニターへと伝送させて映像を確認できます。
KONA 5 と KONA HDMI が組み込まれたシステムは HDR の信号入力に対応し、KONA 5 および T-TAP Pro で HDR の出力にも対応しています。HDR 自動検出機能によって設定作業も簡易化され、よりシームレスな使いやすさを実現してくれます。
KONA 5 と新製品 T-TAP Pro は、当社の Intel NUC 用製品と組み合わせるのに最適です。T-TAP Pro は優れた出力機能によって、ほぼすべてのモニターに対して、フレームごとやフレーム精度のメタデータを処理できる唯一のポータブル製品です。」

<AJA Desktop Software v16 の主な機能>


新発売のポータブル Thunderbolt 3 出力デバイス T-TAP Pro に対応 (最大 4K/UltraHD の 12G-SDI/HDMI 2.0 信号を macOS および Windows で使用可能)
OS 互換性を拡張し、macOS Big Sur 11.x、Ubuntu 20.04 LTS、Redhat/CentOS 8、Windows 10 に対応
AJA PCIe カードおよび Io シリーズと SuperMicro X11DAI、X11SPA+TF、X11DPG の互換性を認証
SDI 経由での HDR 伝送に対応、KONA、Io、T-TAP Pro で SDI を介した SDR/HDR 伝送特性に対応する VPID 信号伝送が利用可能
キャプチャーと自動再生検出用の HDR メタデータ / 伝送特性
macOS、Linux、Windows 上でのキャプチャー / 再生向けに 8K を最適化する新機能、 KONA 5 で Apple Final Cut Pro および Avid Media Composer での 8K 作業に対応
AJA Control Room が 4K クローズドキャプションに対応 (KONA 4、KONA 5、Io 4K Plus、T-TAP Pro 使用時)
KONA IP と Io IP での ST 2110 サポートを更新 : NMOS 1.3 にアップデート、LLDP に対応
AJA NMOS アプリケーションの機能を拡張
FPGA ファームウェアの動的再構成機能により、即座にファームウェアの切り替えが可能


<AJA SDK v16 の主な機能>


8K ビットファイルを更新:KONA 5 と Corvid 44 12G の 8K ビットファイルで、3G-SDI/1.5G-SDI (マルチリンク I/O) のクアッドリンクおよびデュアルリンク接続により 4K 入出力に対応
新たに 4:2:0/4:2:2、8-bit/10-bit、3 平面 I/O に対応し、SDI 4:2:2 10-bit 入出力と 4:2:0 ベースのエンコーダー / デコーダー (8-bit または 10-bit) を統合
KONA 5 および Corvid 44 12G で 12-bit ワークフロー向け機能を強化
KONA 5 および Corvid 44 12G にカスタム HANC プレイアウト機能を追加


<価格と販売時期>
Desktop Software v16 と SDK v16 は、本日より AJA のウェブサイトから無料でダウンロードいただけます。

※ 当資料は、現地時間 2021 年 3 月 2 日にメーカー発表されたプレスリリースの抄訳版です。
メーカーリリース原文 : https://www.aja.com/news/top-stories/990


<AJA Video Systems について>
AJA Video 社はビデオインターフェイス技術や、変換、デジタルビデオレコーディング、プロ用カメラ向けのソリューションを提供する大手メーカーで、1993 年の創業以来、プロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質で費用対効果の高い製品を供給しています。AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、同社のウェブサイトをご覧ください。
• ウェブサイト : https://www.aja.com/
• ウェブサイト [日本語] : https://www.aja-jp.com/

<株式会社アスク 概要>
株式会社アスクは、目的に応じたソリューションとサービスを提供する総合商社です。主に米国、ヨーロッパ、台湾、韓国などの最先端かつユニークな製品を皆様に紹介・提供。取り扱い製品はコンピュータ周辺機器、携帯電話周辺機器、サーバ・ストレージ関連機器、業務用映像機器と多岐にわたり、Advanced Micro Devices, Inc.(AMD), AJA Video Systems, ASUSTeK Computer, ASRock, ATTO Technology, AVerMedia, CORSAIR, Cooler Master, Crucial, ELSA JAPAN, HTC VIVE, Micro-Star International(MSI), Micron, NVIDIA, NewTek, Synology, SAPPHIRE TECHNOLOGY, Supermicro, Tripp Lite(旧Keyspan), Thermaltake, ZOTAC Technology Limited など多数の海外メーカーの代理店をしております。
URL: https://www.ask-corp.jp/

<本ニュースリリースに関するお問い合せ先>
株式会社アスク 製品担当:前田 善弘
TEL:03-5215-5676、FAX:03-6672-6858
〒102-0076 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階
株式会社アスク WEB URL: http://www.ask-media.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング