乳房手術された方のためのインナーウェア 「リマンマ」より 『術後の胸をささえるブラ』を発売

PR TIMES / 2014年10月24日 15時23分



株式会社ワコールは、「リマンマ」という名称で、乳がん等で乳房を手術された方にむけてのパッドやブラジャーをはじめとするインナーウェアを、1974年から販売しています。 この度、手術直後から胸帯(※)代わりに着けることができるブラジャー『術後の胸をささえるブラ』を、2014年9月から販売しています。
この商品は、伸縮性のある素材を使用することにより、再建手術後などのバストの変化に対応し、ほどよいサポート感でやさしく胸を包み込み安定させるブラジャーで、家でリラックスしたい時や、検診時などにも着用していただけます。フロント部は着脱しやすい前開きタイプで、更にスナップが樹脂製のため、着用したままで胸部レントゲン検査が可能です。
また、2014年に40周年を迎えたサンリオ「ハローキティ」とのコラボレーションデザインも数量限定で販売し、事業開始から40年が経つリマンマ事業をより多くの方に知っていただくことを目指します。
『術後の胸をささえるブラ』は、札幌・東京・名古屋・京都・大阪・福岡のワコール「リマンマルーム」の他、「リマンマ」のカタログから通信販売も行っています。
(ワコール「リマンマ」ホームページ http://www.wacoal.jp/remamma/
(※) 手術後の胸を保護するもの
           『術後の胸をささえるブラ』 BZE・692(カラー:REレット゛ ハローキティコラホ゛テ゛サ゛イン)
                            (C)1976,2014 SANRIO CO.,LTD.

■発売の背景
現在、乳がんの罹患率は日本人女性の14人に1人と言われており、毎年6万人強の女性が新たに治療を受け始められています。
乳房の再建手術をされる方も多く、ワコール「リマンマ」では、再建手術を受けられた方からの“術後すぐに着けられ、優しくサポートしてくれるブラジャーが欲しい”などのご要望を受け、商品開発を進めました。
今回の商品は、伸縮性のある素材で再建手術後などのバストの変化に対応し、尚且つほどよいサポート感でやさしく胸を包み込み安定させます。また、胸部レントゲン撮影も可能な樹脂製のスナップを使用しています。
この特徴と機能から、乳房の再建手術後の方のみではなく、すべての術後の方にお使いいただける商品となったため、『術後の胸をささえるブラ』というネーミングで発売するに至りました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング