インバウンド・マーケティングの効果検証・分析ツール「inbound 360(インバウンドサンロクマル)」提供開始

PR TIMES / 2013年6月21日 11時6分



 総合PR 会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役社長:西江肇司、東証マザーズ:6058、以下ベクトル)は、CRM事業を展開するシナジーマーケティング株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長兼CEO:谷井等、JASDAQ:3859、以下シナジーマーケティング)と協業し、インバウンド・マーケティングの効果を測定・分析するツール「inbound 360 (インバウンドサンロクマル)」(https://inbound-360.com/)を、2013年6月下旬より提供開始いたします。

 近年、広告・PR業界において、WEBの重要性が以前にも増して高くなっています。消費者の情報収集がWEB検索から始まる時代、広告やSEO対策だけで消費者を自社コンテンツに誘導し、企業が望んだ行動をしてもらうことは難しくなっています。我々は、自社コンテンツを見つけてもらいやすくするとともに、自社コンテンツに訪問してくれた人を優良顧客化するまでのプロセスも含めた一連の活動である「インバウンド・マーケティング」には、PR×WEBの組み合わせによって効果的に話題化させることが非常に重要であると捉えています。

 ベクトルとシナジーマーケティングでは、優良顧客化するまでの一連の活動として、まず戦略PR等の手法によりキーワードを広めるなどの手法で話題化させ、次にWEB周りの各種施策によって効果的に自社コンテンツへインバウンドし、更にCRMによる”場づくり”で優良顧客化していくという、総合「インバウンド・マーケティング」サービスを提供します。そして、これらの効果を継続的に測定・分析できるツールとして、「inbound 360(インバウンドサンロクマル)」の提供を開始します。投資に対する効果を明確化することが、日本におけるインバウンド・マーケティングを実践していく鍵だと考えております。

■inbound 360の特徴(https://inbound-360.com/

inbound 360は、シナジーマーケティングが展開するクラウド型マーケティングナビゲーター「synergy!360」の技術をベースに、インバウンド・マーケティング活動の効果を検証し、その結果を分かりやすく表示するツールです。企業の宣伝・マーケティング担当者にとって使いやすい機能を備えています。

1.見やすいダッシュボード
インバウンド・マーケティングの施策の進捗を“見える化”し、まるで計器盤を見るかのように分かりやすく表示する「ダッシュボード機能」を搭載しました。
主に表示するのは、WEBトラフィック (ページビュー・ユニークユーザー数)・WEB流入元・検索キーワードランキング・ソーシャルメディアにおけるクチコミ件数・ポジネガ比較です。例えば、ダッシュボードに表示される「検索キーワードランキング」を見れば、消費者がどんなキーワードで自社の製品・サービスを見つけてくれたのかを把握することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング