新教育プロジェクト「GEJ」 話題の映像教材「カーン・アカデミー」を利用している団体へのインタビュープロジェクトを開始!

PR TIMES / 2014年9月19日 15時15分

~3年前いち早くカーン・アカデミーを導入した『広尾学園』の事例を紹介~

 株式会社ヒトメディア(本社:東京都港区以下ヒトメディア)のCEO 森田正康が発足した新教育プロジェクト「Global Education for Japan Project(以下GEJ)」が、米国で話題を集める教育ウェブサイト「カーン・アカデミー」で配信されているビデオ教材を日本語に翻訳するための資金募集を本年度より3回に渡りクラウドファンディングサイト「shootingstar」にて実施し、皆様のご支援のお陰でいずれも目標金額に達成しました。尚、現在も4回目(9月29日迄)を開催中です。



 今回我々GEJでは、皆様のご支援のお陰で日本語翻訳化が進んでいるカーン・アカデミーという教材をよりよく知ってもらうため、カーン・アカデミー導入団体へのインタビュープロジェクトをスタートさせました。
 vol.1では、3年前にいち早くカーン・アカデミーを取り入れた『広尾学園』にインタビューを実施し、教育現場での具体的な利用方法と効果についてを聞いてきました。なぜ今カーン・アカデミーが選ばれるのか、利用している現場の声を参考にして頂き、より多くの方にカーン・アカデミーを利用してもらいたいと思っております。

GEJ 公式YouTubeページ:https://www.youtube.com/user/ge4japan/
第4回クラウドファンディングプロジェクトページ : http://shootingstar.jp/projects/1263/

■学校現場での具体的事例を多数ご紹介!
 今回インタビューを行った『広尾学園』では、3年前の2011年よりカーン・アカデミーを導入しており、豊富なノウハウと実績を蓄積されてきました。
 インタビューでは、カーン・アカデミー導入に至った経緯から、授業での利用方法、豊富な実績を例とした生徒や先生たちの変化について等を聞いております。
 我々GEJでは、先進的な教育手法を展開する広尾学園の事例を参考にして頂き、より多くの教育現場でカーン・アカデミーが利用されるきっかけにして頂ければと思っております。


■カーン・アカデミー日本語化プロジェクトについて
 本プロジェクトは、世界中どこでも無料で視聴できる学習動画を制作・配信する教育ウェブサイト「カーン・アカデミー」(https://www.khanacademy.org/ )の英語のビデオ教材を日本語に翻訳するためのものです。各国で提供されている学習コンテンツを、日本の学習者に届ける活動を行う「 Global Education for Japan Project(GEJ) 」が、カーン・アカデミーのオフィシャルサポーターとして日本語翻訳の許可を得たことにより、本プロジェクトが立ち上げられました。今回は、継続して一つでも多くのビデオを提供できるようにと、募集総額を複数回に分割し資金を調達する「ブロックファンディング」という手法を導入しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング