ニコラシャール銀座本店が、リヨンの家庭料理がお腹いっぱい味わえるランチビュッフェを開始

PR TIMES / 2014年5月22日 14時53分



今、日本で最も注目のスポットである、世界最高品質のスイーツが集まるショコラスイーツの聖地“銀座ショコラストリート(R)”


フランス美食の町リヨン出身のシェフ、ニコラシャールが作る、料理のように手の込んだうさぎシュークリームが人気のニコラシャール銀座本店が、ランチ限定のビュッフェメニューをスタートした。


2Fカフェでは、平日土日問わず11時~14時までランチビュッフェを開催し、母親から教わったリヨンの家庭料理をニコラシャールがアレンジした名物料理 が、1500円で食べ放題となる。もちろんドリンクも飲み放題。


リヨンはローヌ川とソーヌ川の2つが交差し、スイスにも近いことから大自然にも恵まれ、料理の素材には事欠かない土地である。

さらに、今のフランス料理はリヨンの母達(メール・リヨネー ズ)が中心となりの土台となる食文化を作り上げた。

それ故にリヨンは「美食の町」と呼ばれ、著名な料理人を数多く輩出しており、リヨンの街中では一流の料理人を 志す者達が修行に励んでいる。


ニコラシャールのランチビュッフェでは、そんなリヨンの家庭料理を存分に楽しむことができる。


人気メニューはニコラ一家のローストチキン。
たっぷりのローズマリーと一緒に、チキンと新じゃがいも、ベーコンをローストした逸品はぜひ一度味わってみてほしい。
また、シューサレと呼ばれている「甘くない シュー料理」も人気。

パルメザンチーズやイカスミと七味唐辛子を混ぜたシュー生地に、なめらかなアボカド・脂の乗ったサーモン・プ リプリのエビ・ピリッとしたわさびマヨネーズ・シャキシャキレタスを詰めたものや、とろーり半熟卵と野菜をたっぷり煮込んだラタトゥイユ を詰めたものなど、実に様々な組み合わせを堪能できる。
料理人としての斬新なアイディアと、パティシエとしての芸術性を融合させた、まさにニコラシャールの真骨頂だ。

さらに、蓋として乗っているシューの生地は、常時6種 類程並んでいる色々な自家製ディップソースに付けて楽しむのがオススメ。


ニコラシャールは、「新しい素材の組み合わせや、フランスの素材を日本の素材と合わせてみることで生まれる新 しい美味しさの発見を、もっと多くの人に楽しんでもらいたい」と語る。

自家製ディップソースを多数揃えたり、シューサレの中身をニコラシャールが気まぐれで変えているのは、何度も 通って色々な美味しさの発見をしてもらいたい、というニコラシャールの思いの表れ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング