国内外で働く800名の従業員が「ビジネスチャット」で円滑なコミュニケーションを実現!東京レストランツファクトリー株式会社が「WowTalk」を導入

PR TIMES / 2019年6月20日 21時40分

https://www.wowtalk.jp/case/tokyo-rf.html

利用社数5,000社超を誇るサービス、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を提供するワウテック株式会社(東京都中央区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)は、東京レストランツファクトリー株式会社(東京都目黒区、代表取締役 渡邉仁 以下、「東京レストランツファクトリー」)がWowTalkを導入したことを発表いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/33157/65/resize/d33157-65-984570-1.jpg ]


東京レストランツファクトリーには、100名を超えるアジアや欧米の外国籍のスタッフが働いています。そのため、日々、情報共有や連携強化という面で成長が求められ、「本店と店舗スタッフとのコミュニケーション、ブランドの異なる店舗同士の情報共有を如何に円滑に進めるのか」という点に注力しています。

その際、東京レストランツファクトリーが最初に検討した施策が個人向けチャットツールやSNSの導入。しかしながら、近年ニュースでも話題にもなっている、「従業員のSNS利用によるトラブル」や「セキュリティ上のリスク」などを考慮し、個人向けのサービスではなく、法人向けのサービスに絞って再度検討するにいたりました。

今回の東京レストランツファクトリー様へのインタビューでは、上記についてはもちろん、ビジネスチャット検討の背景をはじめ、なぜ当社が提供するビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」の導入にいたったのか、そして、飲食店ならではの活用方法について同社の業務推進部 部長 石川竜志様に話を伺いました。


>> 東京レストランツファクトリー株式会社 様 WowTalk導入事例
https://www.wowtalk.jp/case/tokyo-rf.html


◆導入目的

[画像2: https://prtimes.jp/i/33157/65/resize/d33157-65-137412-0.png ]


◎抱えていた課題


個人向けチャットツールの利用。セキュリティ対策やプライバシー保護に課題を持っていた
社内向けビジネスツールを複数利用しておりコスト面で課題があった
店舗のスタッフの情報の汲み取りフローに課題を感じていた


個人向けのチャットツール・SNSに関しては、現場での連携や情報共有する上で非常に便利なのですが、良くも悪くも気軽にやり取りできてしまいます。従業員個人のプライベートと仕事が混ざってしまうことにリスクを感じていたそうです。

とはいえ、正社員とアルバイト・パートを含めて約800人の従業員が在籍しているため、そうしたチャットツールがなければ、本社にいては店舗の情報の汲み取りが難しいという課題をキッカケにビジネスチャットの導入検討にいたります。


◎導入時に決め手となったポイント


営業担当のフォローとコスト面が他社よりも優れていた
トークや共有の表示などが個人向けSNSのような使用感でわかりやすかった
管理者機能が充実しておりセキュリティ対策が万全である点


今回のインタビューでは、上記内容について詳しく伺っておりますので、ぜひご覧ください。

>> 東京レストランツファクトリー株式会社 様 WowTalk導入事例
https://www.wowtalk.jp/case/tokyo-rf.html


◆企業情報
◎東京レストランツファクトリー株式会社

[画像3: https://prtimes.jp/i/33157/65/resize/d33157-65-883524-2.png ]


東京レストランツファクトリー株式会社
代表取締役 渡邉仁
事業内容:飲食店の経営
住所:東京都目黒区大橋2-22-7 村田ビル2F
TEL: 03-6407-1066


◎ワウテック株式会社

[画像4: https://prtimes.jp/i/33157/65/resize/d33157-65-100943-3.png ]

https://www.wowtech.co.jp

所在地: 東京都中央区築地7-2-1 THE TERRACE TSUKIJI 6F
代表者: 代表取締役 瀬沼 悠
資本金: 110百万円(資本準備金含む)

ワウテックは、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を中心に、法人向けITソリューションを自社開発・運営しています。

ビジネスにおけるコミュニケーションに新しい価値を提供し、安全で確実な改善をビジネスに携わる誰もが実感する、そのための手段、そして課題解決をシンプルかつ新しい驚きに満ちたやり方で実現します。

その中で、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」は、ワウテックが掲げるサービスコンセプト「Communication-Rebuild」のもと、「言語」「距離・時間」「個性」「温度・感情」「経験」という5つの視点からビジネスシーンにおけるコミュニケーション課題をクリアにし、より快適かつスムーズな職場環境の醸成に貢献するサービスです。

◎サービス概要:WowTalk(ワウトーク)

[画像5: https://prtimes.jp/i/33157/65/resize/d33157-65-659917-4.png ]

https://www.wowtalk.jp/

ワウテックが開発・提供する「WowTalk」は、『直感的な操作性』『導入教育いらず』『数万規模の導入実績を誇る安全性』という特徴を持つ、高いリピート率(満足度)を誇るビジネスチャット・社内SNSです。

WowTalkは、働く環境を選ばない、いつ・どこにいてもスマートフォンやPCから、メッセージやスタンプ、画像ファイル、ドキュメントファイルなどのやりとりが可能です。これまでに5,000社以上の利用実績を持ち、「トーク」「共有(タイムライン)」「無料通話」「タスク管理」という基本機能、そのほかにもメンバーリスト、ファイル送受信、外部サービス連携など機能が充実しております。

また、WowTalkは管理機能が充実しており、管理者が全社員のIDとパスワードを発行し、社員アカウントを一括管理することが可能です。必要に応じて各種機能の有効範囲を個人単位で指定でき、重要な機密を扱う業種や情報の統制が必要な中・大企業でも安心してお使いいただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング