鉄道友の会 岸本雅行さんと行く『福井の鉄道めぐりの旅』発売

PR TIMES / 2013年2月13日 16時9分



(株)日本旅行(本社:東京都港区、社長:丸尾和明)TiS福井支店では、鉄道友の会岸本雅行さんと行く『福井の鉄道めぐりの旅』を発売しました。
*このツアーは、福井県観光営業部観光振興課の事業として実施されています。

福井鉄道やえちぜん鉄道の車両基地の見学や専門ガイドの説明付の敦賀市内の鉄道遺産の見学など福井県内の鉄道が満載されたツアーです。

福井(武生)集合ですので、全国どちらからでもご参加頂けます。東京、名古屋、大阪地区からも、各地を朝ご出発いただければ、余裕を持ってご集合いただけます。(集合場所までは、お客様ご自信で手配ください)

詳細は、以下の通りです。

◆岸本雅行さんプロフィール◆
 鉄道友の会福井支部の事務局長を務める。昨年は27時間TVに出演。全国ネットで福井鉄道200形の保存をアピール。昨年実施された、「敦賀鉄道の夜明け130年」イベントに鉄道友の会として携わる。「ROBA(ふくい路面電車とまちづくりの会)」の理事も務め、まちづくりに関する事業にも携わる。

1.商品名
 鉄道友の会岸本雅行さんと行く『福井の鉄道めぐりの旅』

2.日程
■行程
3月23日(土)~24日(日) 1泊2日
※JR武生駅集合~敦賀駅解散
※詳細はパンフレットにご確認ください。

3.料金等(お一人様)
大人・・・19,700円
子供(6~11才)・・・18,900円
・宿泊ホテル:ホテルルートイン福井駅前(シングルルーム利用)
・添乗員:同行(武生駅から敦賀駅まで)
・最少催行人員:15名様 

4.コースのポイント
1.福井鉄道で半世紀以上走り続けている200形車両に乗車
地方では珍しいオリジナル車両。新型車の導入により、廃車の可能性も心配されています。北府駅の車両工場も見学します。
 
2.えちぜん鉄道の車両基地を見学
日頃なかなか見る事の出来ない車両基地を見学します。関西地方や中京地方で活躍した車両を譲り受けた形式(一部部品や車体を利用)を間近で見学。 登場時の凸型の車体をとどめる電気機関車521形もご覧頂けます。 
車両基地では、阪神電鉄を母体とする2201形のピットくぐりと基地内乗車、除雪車両の見学、えちぜん鉄道オリジナルグッズやダイヤ・運転時刻表等の 即売も実施予定です。
 
3.長浜~敦賀間の鉄道が開通して今年で130年敦賀市内の鉄道遺産を専門ガイドとめぐります
日本海側に鉄道が開通して今年で130年が経過しました。鉄道の歴史を展示する資料館(旧敦賀港駅舎)、今なお残る鉄道遺産(疋田駅跡、小刀根隧道、刀根隧道要石、柳ヶ瀬隧道)で、専門ガイドの説明を聴き、明治時代の様子を偲びます。

5.販売方法
・日本旅行 TiS福井支店(電話:0776-22-2498)のみによる販売
(平日9:30~17:30、土日祝休業)
*その他の日本旅行グループ店舗では、販売していません。

●詳細はコチラから HP:http://www.nta.co.jp/jr/train/tour/fukui.pdf
●鉄道に関する旬な情報はコチラ 
 汽車旅ひろばHP:http://www.nta.co.jp/jr/train/kishatabi/#hc

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング