美容業界でも注目の“温活”を住宅・リフォーム業界の立場から新提案 MADOショップ“温活”プロジェクト2014 女優・室井滋さんを起用した新CMと連動し、『窓は、リフォームできる。』ことを全国に発信

PR TIMES / 2014年9月29日 14時27分

 YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)とパートナーシップを結ぶ全国約1000店のMADOショップでは、2013年から実施している「MADOショップ“温活”プロジェクト」を今年も実施いたします。




■『窓は、リフォームできる。』 窓から考える“温活”とは?

“温活”とは、冬をあたたかく、快適にすごすための活動のことです!

体を温めることにより女性が本来持っている女子力を呼び覚まし、自分の体への意識を高め、冷えや生理痛といった女性特有の症状を改善していくための活動は“温活”と呼ばれています。運動で血行を良くしたり、温かい飲み物を摂ることで体の冷えを対処する方法は美容業界や食品業界でも注目を集める取り組みです。


“窓”から考える、快適で健康的な住まいとは・・・
 窓をリフォームすることによって、住まいの断熱効果は高まり、家全体が温かくなります。また窓から逃げる熱を抑える窓は高い保温効果があり、冷暖房費も大幅に節約できます。
 全国のMADOショップでは“温活”プロジェクトを通じて、「断熱対策」以外にも「結露対策」「日射対策」「防音対策」「防犯対策」の5つの項目をチェックし、ポイントを押えた対策をご提案することで住まいの快適性をアップします。

 MADOショップは、「ニッポンの窓をよくしたい」という理念のもと、YKK APとパートナーを結ぶ建材流通店が全国に展開する窓リフォームのお店です。
 その街の気候風土や文化、そして何よりも地元の“人”を知っているスタッフが、お客様の窓の悩みを解決いたします。

■MADOショップ“温活”プロジェクト2014」概要
 YKK APでは、住宅・リフォーム業界の立場から、温かく心地よい窓辺を実現し、快適な生活を送るための「窓・断熱リフォーム工法」についてのお話や冷え性対策の情報提供をすることで、消費者の方の“温活”をサポートいたします。

1. 身体のウチから温活!
MADOショップから“あったか”生活のアイディアをご提案
食や香りで身体を温める方法や、ヒートショックを中心とした冬場の健康リスクについての情報を提供。冷え対策グッズなどもご紹介します。

2. 身体のソトから温活!
窓の簡単リフォームで、お家を“あったか”快適に!
部屋の寒さをはじめ、窓の結露や外の騒音など、お客様の「窓」のお悩みを「窓のプロ」であるMADOショップスタッフがお答えします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング