最も映画が観たくなる映画予告編を決定!『スターチャンネル映画予告編大賞』スペシャル・プレゼンターに、 のんが就任!

PR TIMES / 2017年3月25日 10時35分

授賞式では審査員とともに、のんが登壇。そして、女優としての観点からコメントも!



[画像: https://prtimes.jp/i/8010/66/resize/d8010-66-442551-0.jpg ]

 スターチャンネル(株式会社スター・チャンネル:東京都港区・代表取締役社長:小坂恵一)は、わずか数分 の間に映画の見所、魅力や感動を最大限に凝縮し、それ自体がひとつの作品としても完成されている映画予 告編の中から、最も優れた作品=“最も映画が観たくなる予告編”を選出する、《スターチャンネル映画予告編 大賞》を開催いたします。
 第1回目の開催となる今回は、主要配給会社18社の協力を得て、2016年に劇場公開された作品の予告編 の中から、各社が選りすぐった自信作をエントリー。計50本の映画予告編の中から、それぞれの分野で活躍 する審査員が、“最も映画が観たくなる映画予告編”=<映画予告編大賞>として、「グランプリ(1作品)」と 「準グランプリ(2作品)」を選出。さらに、映画ファンによるWEB投票で最多得票を得た映画予告編を<映画 ファン賞>として表彰します。
  3月29日(水)に開催する授賞式に先立ち、女優ほか多岐に渡るジャンルで活躍されている、のんさんが 「スターチャンネル映画予告編大賞」スペシャル・プレゼンターとして就任したことを発表させて頂きます。授賞式では審査員とともに登壇して頂き、女優としての観点から“のんさんらしい”コメントを頂きます。
 その出来によって映画の興行成績までを左右する、と言っても過言ではない“映画予告編”の頂点に立つの は果たして、どの作品なのか?! 結果はスターチャンネル公式ホームページにて発表しますので、どうぞお見逃しなく!

『スターチャンネル映画予告編大賞』 【授賞式】 3月29日(水) 都内にて開催 【表彰作品】 グランプリ(1作品)、準グランプリ(2作品)、映画ファン賞(1作品) 【審査員長・審査員】 審査員長:ウィリアム・アイアトン(アイアトン・エンタテインメント株式会社 代表取締役) /審査員(順不同):戸田奈津子(映画翻訳者)、LiLiCo(映画コメンテーター)、近藤邦彦(映画雑誌「SCREEN」編集長)、中島信也(CMディレクター) 【スペシャル・プレゼンター】 のん

【公式ホームページURL】 http://www.star-ch.jp/trailer-award/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング