【東洋大学】陸上競技部長距離部門監督 酒井俊幸/著 『その1秒をけずりだせ』 駅伝・東洋大スピリッツ 刊行 ~若き知将が初の自著で明かす勝負哲学と組織作り~

PR TIMES / 2014年12月15日 12時55分

2014年12月20日(土)から全国の書店にて発売

========================================
若き知将が初の自著で明かす勝負哲学と組織作り
東洋大学陸上競技部長距離部門監督 酒井俊幸/著
『その1秒をけずりだせ』
駅伝・東洋大スピリッツ 刊行
2014年12月20日(土)から全国の書店にて発売
========================================



 東洋大学陸上競技部長距離部門の監督を務める酒井俊幸が、自著『その1秒をけずりだせ』を刊行しました。12月20日より全国の書店にて発売を開始します。

 本書では、2009年の監督就任以来、箱根駅伝で3度の総合優勝に導いた酒井俊幸が、その勝負哲学を初めて記します。2011年の箱根駅伝で、早稲田大学にわずか21秒差で敗れた悔しさを原点に、築いた信念、意識、戦略について過去の大会を振り返りながら語っています。選手の育成はもちろん、競技面以外での人としての成長を促し、チームを組織として作りあげていくリアルな姿から、東洋大チームの伝統やこれまで出会った選手たちの素顔を描いています。

-------------------
書籍概要
-------------------
タイトル : その1秒をけずりだせ 駅伝・東洋大スピリッツ
著 者 : 酒井 俊幸
発 行 : ベースボール・マガジン社
頁 数 : 208ページ
ISBNコード : 978-4-583-10758-5 C0075
価 格 : 本体  1,400円(税別)
発 売 : 2014 年 12月20日(土)

-------------------
目次
-------------------
第1章 エースに頼るのでなくエースを生かす
第2章 三流選手が指導者に
第3章 結束――“チーム東洋”の組織力
第4章 チーム力を底上げする
第5章 敗戦に学ぶ
第6章 挑戦――その先の世界へ

----------------------------
著者プロフィール
----------------------------
東洋大学陸上競技部長距離部門監督 酒井俊幸(さかい・としゆき)

1976年5月23日、福島県生まれ。学法石川高校(福島)-東洋大学経済学部卒。大学時代には箱根駅伝に3回出場。卒業後はコニカ(現コニカミノルタ)に入社し、全日本実業団駅伝3連覇に貢献した。2005年に母校の学法石川高校に赴任し陸上部顧問を務めたのち、09年4月より東洋大学陸上競技部長距離部門監督に就任。箱根駅伝では10年、12年、14年と優勝を果たすなど、チームを常勝へと導いている。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング