「モテる男性像」に関する男女間のギャップを徹底分析。 婚活サイトでモテる男性のポイントは「写真」と「自己PR文」にあった。

PR TIMES / 2014年8月11日 15時23分

~ブライダルネット「やさしい婚活プロジェクト」第2弾を公開~

婚活会員数28万名を誇る、日本No.1の総合婚活サービスの株式会社IBJ
(本社:東京都新宿区西新宿、代表:石坂 茂、証券コード:6071。以下、IBJ)は、
BIJIN&Co.株式会社(本社:東京都港区芝公園、代表:田中 慎也、以下、BIJIN&Co.)運営の
「美人時計」とタイアップして、IBJ運営の婚活サイト「ブライダルネット」にて、
女性の目線で婚活サイトのサービス向上を考えるコンテンツ「やさしい婚活プロジェクト」の第2弾を公開しました。



「やさしい婚活プロジェクト」URL http://www.bridalnet.co.jp/bijin_tokei/

■婚活サイトで「モテる男性」のポイントは「写真」と「自己PR文」にあった!
第2弾目となる今回のディスカッションテーマは、
「婚活サイトでモテる男性のプロフィールについて」です。
IBJ代表の石坂と美人時計モデルの5名が、
婚活サイトでのプロフィール作成で肝心な
「写真」と「自己PR文」の2点に焦点をあててディスカッションし、
女性に好感を持たれる男性のプロフィールを徹底分析しました。

■「モテる男性像」には男女間で大きなギャップがあった!
ディスカッションを通じて、
男性のプロフィールの「かっこいい写真」や「モテる自己PR」へのイメージには、
男女間でギャップがあることが判明しました。

今回はそのギャップを明らかにしていく中で、
実際に女性が本当に「会って話してみたい」と思う男性の
プロフィールの具体的なつくり方を提案しています。

■「笑顔」VS「キメ顔」は圧倒的に「笑顔」の勝ち
男性のプロフィール写真で頻繁に見かける表情が口を閉じて、
カメラをキリっと見つめるいわゆる「キメ顔」です。
男性にとってはその表情が一番よく撮れていると思っているようですが、
「キメ顔」は「無表情」だと捉えられることが多く、
女性に「怖い」や「話しかけづらい」というイメージを持たれて逆効果です。
女性にとっては「旅行先などで撮った自然な笑顔」の方がダントツに好感を持たれやすいようです。
普段の自分の魅力を相手に伝えるには、
「自然な笑顔」の写真を掲載するのがはじめの一歩になるようです。


■自己PR文は「コンパクトさ」と「結婚観の記載」がポイント
自分の人柄や価値観を伝えるには、
自己PR文を充実させることが効果的です。
とはいえ、たくさんの男性のプロフィールを見ている女性にとっては、
長すぎたり改行すらしていないものは最後まで読まれない可能性が大。
読む相手の事を考えて、コンパクトにまとめて読みやすくするのが良いでしょう。
また、「結婚後の過ごし方」や「理想の夫婦・家庭像」といった結婚観を記載することで
価値観やライフスタイルが読み取れて好感を持たれる確率がアップするはずです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング