「HYTRA API」のViewable計測機能をフリークアウトのマーケティングプラットフォーム「Red」へ提供開始

PR TIMES / 2020年10月5日 11時33分

~より安心・安全な広告配信を目指した取り組みの一貫として~

Momentum株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 高頭 博志、以下モメンタム)は、アドベリフィケーション( 注1) 対策ソリューション「HYTRA API(読み : ハイトラ エーピーアイ)」のViewable計測機能を、株式会社フリークアウト(本社:東京都港区  代表取締役 時吉 啓司、以下フリークアウト)が提供するマーケティングプラットフォーム「Red」へ提供を開始しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/11681/67/resize/d11681-67-454631-0.png ]


■本取り組みについて
「HYTRA API」は、広告配信プラットフォームにご利用いただける、アドベリフィケーションソリューションです。モメンタム独自の技術によりブランドセーフティ(注2) ・ アドフラウド(注3)・ビューアビリティ(注4)の3つの機能で、無価値な広告配信を防ぎます。

今回Momentumは「Red」用のビューアビリティデータの提供を


開始しました。「Red」はモメンタムのビューアビリティデータを利用することで、広告主にとって最適な広告配信が可能になります。

■マーケティングプラットフォーム「Red」
について「Red」は、フリークアウトが提供するスマートフォン領域における広告効果を最大化するマーケティングプラットフォームです。国内最大級の月間4,500億インプレッションを超えるRTB経由のモバイル広告在庫を有し、質の高いモバイルアプリに対してフリークアウト独自のターゲティング技術を用いた広告配信サービスを提供しています。


注1 アドベリフィケーション:アドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティに配慮した、不適切な広告配信を防ぐための広告価値毀損測定の仕組みのことです。
注2 ブランドセーフティ:広告が不適当な掲載場所に表示されることによるブランドリスクを防ぐことです。
注3 アドフラウド:bot などを使い無効なインプレッションやクリックによって広告費用を騙し取る不正広告のことです。
注4 ビューアビリティ:配信された広告が、ユーザーが視認できる正しい状態にあるか計測するための指標のことです。


<株式会社フリークアウトについて>
フリークアウトは、国内初のDSPをローンチしたマーケティングテクノロジーカンパニーです。ブランドマーケティング、認知拡大、需要喚起、新規見込み顧客の獲得を目的としたマーケティングプラットフォーム「FreakOut」と、モバイル上での顧客獲得、販促活動を最先端の独自機械学習エンジンによって効率化するモバイルマーケティングプラットフォーム「Red」、独自広告配信プラットフォーム開発・運用支援の「Red for Publishers」を提供しています。通信キャリア、航空会社、飲料メーカー、トイレタリー企業をはじめ15,000アカウントを超える顧客に当社プラットフォームをご活用いただいております。また、マーケティングテクノロジー領域での知見を活用した位置情報マーケティングプラットフォーム「ASE」を提供し、流通・小売業の抱える様々な課題解決を支援しています。
https://www.fout.co.jp/freakout/


<Momentum株式会社について>
モメンタムは、日本語に特化した言語解析技術と独自データを活用したアドフラウド検知技術を基盤に日本のデジタル広告業界の健全化への取り組みを牽引するアドベリフィケーションソリューションカンパニーです。国内の広告代理店、広告プラットフォームにおいて幅広く弊社ソリューションを活用頂いており、代理店向けのAgency Certification Program(ACP)、広告プラットフォーム向けのPlatform Certification Program(PCP)という認定制度にも数多くの日本を代表する企業様に加盟頂いております。「無価値な広告をゼロにする」という弊社のミッションの実現を通して健全なデジタル広告市場の発展に貢献します。同社に関する詳しい情報は、< https://www.m0mentum.co.jp/>をご覧ください。


<お問い合わせ先>
Momentum株式会社
〒105-6427 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 27階
TEL:03-6365-1970
担当 : 恩田
プレスリリースに関するお問い合わせは公式HPのお問い合わせフォームよりどうぞ
https://www.m0mentum.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング