「リージャス品川グランドセントラルタワービジネスセンター」を2017年6月12日に開設

PR TIMES / 2017年5月25日 16時48分

高いオフィス需要が続く品川エリアに2拠点目を開設

世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3,000拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループの日本法人、日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役カントリーマネージャー: 西岡 真吾)は、「リージャス品川グランドセントラルタワービジネスセンター」を2017年7月に開設いたします。「リージャス品川グランドセントラルタワービジネスセンター」は、日本リージャスとして都内では56拠点目、品川エリアでは2拠点目の開設となります。

品川駅は、海外から都内主要ビジネスエリア、首都圏、さらには地方へのアクセスも抜群で、日本の主要なアクセスポイントと言えます。そのため、外資系企業の日本支社、国内大手企業の本社やその関連企業が拠点を置く、日本ビジネスの中心地となっています。近年では、品川駅周辺の再開発により、IT企業やゲーム関連企業など新たな企業も進出するなど、常に高いオフィス需要が続いているエリアです。東海道新幹線からのアクセスにより、名古屋・大阪などの地方に本社を置く企業が東京にオフィスを開設する際も、品川に拠点を置くケースが目立ちます。リージャスでは、品川駅周辺に拠点を開設することが日本のビジネス拠点を支えるうえで非常に重要と考え、この度、品川エリアで2拠点目初めてとなるレンタルオフィスの開設を決定しました。

「リージャス品川グランドセントラルタワービジネスセンター」は、品川駅港南口から徒歩3分で、スカイデッキ直結の品川グランドセントラルタワーの8階に位置します。品川駅港南口には、高層ビルが立ち並び、その中でも品川グランドセントラルタワーはフロア約2,600平米の大型オフィスビルで、視認性も高く、重厚感のある広いエントランスが特徴のビルです。国内の大手企業や外資系企業の日本法人が入居しており、ビジネスを行う上で顧客からの信用にもつながり、ビジネスの発展を支えます。

日本リージャス株式会社の代表取締役カントリーマネージャーの西岡 真吾は「リージャスは今回開設する『リージャスグランドセントラルタワービジネスセンター』に加え、空の玄関口である羽田空港には5月31日に『リージャスエクスプレス羽田空港第1ターミナル』を開設する予定で、日本の主要なアクセスポイントである羽田と品川に新たな施設を開設する準備が整い、国内外企業や地方企業の拠点となると非常に期待しております。品川エリアでは、2010年に開設した『リージャス品川イーストワンタワービジネスセンター』がオープン以来常に満室の状態が続いており、品川駅周辺のオフィス需要の高さを実感しています。さらに、品川エリアには多くの大手企業が拠点を持つ一方で、小さな面積のオフィスが少ないため、中小企業が拠点を持つことが難しい状況に問題を感じていました。今回の拠点を開設することによって、中小企業の拠点やサテライトオフィスとしての活用など、レンタルオフィスの多様な利用シーンを創造し、リージャスとしてさらなる成長を遂げることに自信を持っています」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング