~オリンピック開催地、6割が「東京になる」と予想~

PR TIMES / 2013年9月4日 15時7分

ネットリサーチDIMSDRIVE 「2020年オリンピックと招致活動」に関する調査結果を発表

9月8日に、いよいよ2020年夏季五輪の開催都市が決定します。果たしてどの都市が選ばれるのでしょうか。

インターワイヤード株式会社(東京都品川区、代表:斉藤義弘)が運営するネットリサーチのDIMSDRIVE(ディムスドライブ)では、「2020年オリンピック」についてアンケートを行いました。
東京都の招致活動について、残り1種目残留種目などについてまとめました。
2013年8月6日~8月19日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター7,311人から回答を得ています。

<結果詳細>   http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2013/130904



-------------------------------------------------------------

●2020年オリンピックへの東京都の立候補、92.7%が認知。5割が活動を評価●

■招致活動の認知率は92.7%
“2020年夏季オリンピック・パラリンピックへ立候補している事の認知”については、
「よく知っている」64.3%、「なんとなく知っている」28.4%となり、『知っている人』は92.7%と非常に認知率が高かった。

■招致活動の是非
東京都の“招致活動”について尋ねたところ、「反対」10.4%、「やや反対」6.3%と、『反対』は2割に満たなかったが、
「賛成」30.5%、「やや賛成」21.7%と、『賛成』した人も52.1%で半数程度となっている。
招致活動について、よく知っている人ほど賛成した割合が高く、活動をよく知る人ほど、活動を受け入れていることが伺える。

■アピールはまあまあ、招致活動への評価
招致活動について“よく知っている”と回答した人の、活動への評価を項目別に見ると、
「十分アピールできている」では、『そう思う』と回答した割合は62.4%で6割を超えた。
ほかの項目では「センスが良い」46.2%、「他の候補地の活動よりも良い」43.9%、「効果的な手法である」41.2%と4割台の評価である。
「総合的に見て、良い招致活動をしている」に『そう思う』と回答した人は、54.1%で、活動内容について、半数の人は評価していることがわかった。

-------------------------------------------------------------
●開催地、6割が「東京」になると予想●
全員に、“開催地の予想”を尋ねたところ、最も多かったのは「東京(日本)」で59.3%であった。
一方で「イスタンブール(トルコ)」は20.7%、「マドリード(スペイン)」は20.0%と、ともに2割が回答した。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング