完全リモートワーク体制移行に伴うオフィス移転のお知らせ

PR TIMES / 2020年8月8日 13時45分

ナーブ株式会社は本社を赤坂に移転します

ビジネスVR最大手※1のナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起、以下ナーブ)は、この度、全従業員を対象に原則リモートワークを基本とした勤務体制へ移行いたします。それに伴い、リモートでは難しいハードウェア開発等の拠点(ラボ)を赤坂に新設し、本社機能を統合のうえ、2020年8月8日より本社オフィスを移転することをお知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/19146/68/resize/d19146-68-575818-0.png ]

新型コロナウイルスの影響が拡大している日本社会において、ナーブでは不動産会社向けに、『おうちでVR内見™』サービスの無償提供(2020年3月~2020年6月)、『パノラマオンライン商談ツール™』(2020年7月~)等の新サービス提供により、不動産業界の働き方をより効率的にするツールを提供しております。
この度ナーブは、感染リスクを最小限に抑えて全社員の安全を確保するという社会的責任を果たし、同時に高い生産性を実現するために、原則リモートワーク体制に移行いたしました。これにより、社員の多様なライフスタイルに合わせた働き方が実現します。今後、ワーケーション等の導入も積極的に取り入れ、新しい働き方を実現しその結果を社会に還元していきたいと考えております。会計のデジタル化やペーパーレス化なども引き続き強化してまいります。

未だ予断を許さない新型コロナウイルスの日本経済への更なる影響が懸念される中、感染リスクを最小限にしながら高い生産性を実現し、完全リモートワーク体制で会社経営を可能にする「新たな会社のあり方」へ変革が求められています。また、コロナは一つのきっかけとして、ウィズコロナ、アフターコロナ時代への新しい働き方の変化がさらに進んで行くことが予想されます。 
新しい生活様式の中で、社員の自由度とお客様の利便性を高め、バーチャル来店を含む新しいノウハウを弊社ツールに還元するなどして全てのユーザー様にご利用いただけるように積極的に提案してまいります。

※1 実用的でビジネスに活用しやすいナーブのVRシステムは、不動産、建設、旅行、航空、船舶、自動車といった様々な業界で、多くの大手企業に活用されています。


■新オフィス概要
〒107-0052
東京都港区赤坂6-1-20 国際新赤坂ビル西館 B1

■移転日
2020年8月8日(土)

■交通アクセス
東京メトロ千代田線「赤坂」駅直結

■新オフィスでの業務開始日
2020年8月11日(火)


■ナーブ株式会社について
ナーブ株式会社(NURVE)は、「完全情報を提供し、未来のあたりまえを創り世界を変革し続け
る」をビジョンとして、VR 技術を活用した今までにないプラットフォームを提供。実用的でビジネス
に活用しやすい VR システムは、不動産、建設、旅行、航空、船舶、自動車といった様々な業界
で、多くの大手企業に活用されています。
・不動産、建設:『VR 内見(R)』『どこでもストア(R)』などの VR ソリューションを提供
・旅行、航空、鉄道:『VR トラベルソリューション』を提供、また、旅行業界向けに『VR トラベル
Ad』を提供
・船舶、自動車:『VR ソリューション』を提供


■会社概要
社名 :ナーブ株式会社
代表 :代表取締役 多田 英起(ただ ひでき)
設立 :2015 年 10 月
事業内容 :VR(バーチャルリアリティ)コンテンツのプラットフォームの提供
ホームページ : https://www.nurve.jp

  

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング