1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ネクイノ、京都府木津川市とコロナ禍における妊婦の支援協定及び災害時協定を締結

PR TIMES / 2021年7月27日 16時45分

~スマルナ助産師・薬剤師がチャット形式でオンライン相談対応~

 ネクイノ(大阪市北区、代表:石井健一)は、京都府木津川市と「新型コロナウイルス感染症流行下における妊婦向けリモート相談事業に関する連携協定」及び「災害時における婦人科領域のリモート相談事業に関する連携協定」を締結いたします。調印式は8月3日に木津川市役所にて行う予定です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/21661/68/resize/d21661-68-4e20e432b38f398a112a-0.png ]

 新型コロナウイルス感染症は依然として収束が見通せず、予断を許さない状況が続いています。ネクイノでは感染拡大を防止するため、妊婦の方々のコロナウイルスに関する相談を、スマルナ(※)の助産師・薬剤師がチャット形式で対応します。
 また、災害時に避難所などでの生活において、生理や身体の不調の悩みなどを相談できる、オンライン無料相談窓口を優先的に開放し、災害時でも適切なタイミングで医療にアクセスできるよう環境の整備に取り組みます。
ネクイノでは、今後も広く自治体と連携し、引き続き女性の健康的な生活をサポートする体制づくりを進めてまいります。

【自治体のご担当者様向けお問い合わせ先】
株式会社ネクイノ 自治体連携窓口担当
lg@nextinnovation-inc.co.jp

【新型コロナウイルス感染症流行下における妊婦向けリモート相談事業に関する連携協定】
■協定締結の目的
木津川市と弊社は協定を締結し、「スマルナ」の助産師・薬剤師によるリモート相談をオンライン上で対応いたします。リモート相談窓口を活用することにより、新型コロナウイルス感染症に関する不安を抱えた妊婦の方々が通院する前に相談する場を設けます。それにより新型コロナウイルス感染症に罹患した恐れのある妊婦の方が通院することによる産婦人科の院内感染を防ぎ、感染拡大の防止に努めます。女性が適切なタイミングで医療の専門家に相談できるよう環境の整備に取り組んで参ります。

■協定概要
名称:「新型コロナウイルス感染症流行下における妊婦向けリモート相談事業に関する連携協定」
締結者:京都府木津川市、株式会社ネクイノ
内容:主に妊婦の産婦人科における新型コロナウイルスの飛沫感染拡大防止を目的として、コロナウイルスに関する相談にオンラインで対応。チャット形式で相談に応じます。
利用方法:特設ページの登録フォームから必要事項をご入力いただき、木津川市専用の自治体コード設定後に表示される相談窓口より、無料にてご利用いただけます。

■協定締結日、協定期間
協定締結日 2021年8月3日(火)
協定期間  2022年3月末まで(以後、特に申し出がなければ1年ずつ延長)

【災害時における婦人科領域のリモート相談事業に関する連携協定】
■協定締結の目的
災害や避難所などでの生活による慢性的ストレス、および生活環境の変化は、体調の変化や婦人科疾患発生に大きな影響を及ぼす可能性があると考えられます。しかしながら、被災地において生理等のデリケートな悩みは相談しずらい状況にあるのが現状です。
そこで木津川市と弊社は協定を結び、災害時に避難所などでお困りの方向けに、スマルナ薬剤師・助産師によるオンライン無料相談窓口を優先的に開放します。住民が気軽に相談できる機会を増やし、災害時でも適切なタイミングで医療にアクセスできるよう、環境の整備に取り組んで参ります。

■協定概要
名称:「災害時における婦人科領域のリモート相談事業に関する連携協定」
締結者:京都府木津川市、株式会社ネクイノ
内容:災害時の避難所等での生活の中で生じる、生理等のデリケートな悩みに関する相談にオンラインで対応。木津川市住民向けの専用ウェブサイトを設け、災害発生時に、チャット形式で相談に応じます。
利用方法:
・木津川市において災害が発生し、避難所が開設され、木津川市からの要請を受けて相談対応開始。避難所閉鎖まで対応。
・災害時の生活において、生理等のデリケートな悩みを持つ住民が、専用ウェブサイトにアクセスし、自治体コードを入力することで、無料にて利用可能。
・対応時間は毎日10時から18時まで。※相談の投稿は24時間可能

■協定締結日、協定期間
協定締結日 2021年8月3日(火)
協定期間  2022年3月末まで(以後、特に申し出がなければ1年ずつ延長)

代表取締役 石井健一のコメント
ネクイノは助産師・薬剤師と連携したオンライン相談窓口で、365日相談対応を行っています。こうした知見を活かし、通院が困難な状況下や災害時の不便を強いられる生活でも、正しい医療情報に適切にアクセスでき不安や悩みが軽減されるよう、行政の皆様と連携し地域医療の貢献に努めてまいりたいと思います。

(※)「スマルナ」とは
2018年6月にリリースされた、オンライン診察でピルを処方するアプリ。生理や避妊で悩む方と医師をオンライン上で直接つなぎ、ピルをお届けするほか、助産師や薬剤師が相談を受け付ける、スマルナ医療相談室を運営。これまでにAppStoreヘルスケア/フィットネス無料Appデイリーランキング1位を獲得するなど、10代~30代の女性を中心に多くの方々ご利用されている。スマルナアプリのダウンロード数は累計50万件。(2021年5月時点)
スマルナ: https://smaluna.com/

■株式会社ネクイノ 会社概要
薬剤師や医師、歯科医師、弁護士など、医療及び関連法規分野に知見を持つ人材が集まり、2016年6月に創業。ICTを活用したオンライン診察をはじめ、健康管理支援、未病対策など、一人ひとりのライフスタイルや健康状態に合わせて選択活用できる医療環境を生み出している。「世界中の医療空間と体験をRe▷designする」メディカルコミュニケーションカンパニーを掲げ、テクノロジーと対話の力で世の中の視点を上げ、イノベーションの社会実装を推進。2018年6月、婦人科領域に特化したオンライン診察プラットフォーム「スマルナ」をリリース。2020年にはマイナンバーカードと健康保険証をリンクさせるセキュアな個人認証システム「メディコネクト」の提供を開始。
[画像2: https://prtimes.jp/i/21661/68/resize/d21661-68-6bceed278e38ac494e4d-1.png ]


会社名:株式会社ネクイノ(英表記:Next Innovation Inc.)
代表取締役:石井 健一
所在地:〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1丁目13番22号 御堂筋フロンティア WeWork
URL: https://nextinnovation-inc.co.jp/
設立:2016年6月3日

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング