第3回「ミツバチの絵本コンクール」 ストーリー部門の入賞作品決定&イラスト部門募集開始

PR TIMES / 2019年11月8日 16時55分

両部門の最優秀賞作品は1冊の絵本になります

株式会社山田養蜂場(本社:岡山県苫田郡鏡野町、代表:山田英生)が主催する、第3回「ミツバチの絵本コンクール」のストーリー部門の入賞作品が決定いたしました。4才から90才までの多くの方々から、心温まる素敵な作品をご応募いただきました。



本コンクールは、ミツバチをテーマに「自然環境の大切さ」、「社会とのつながり」、「生命の尊さ」を表現した作品を募集しています。絵本のストーリー作品を募集し、最優秀賞に選ばれたストーリーに合わせてイラストを描いていただく、二段階形式のコンクールです。
今回のストーリー部門は子どもの部で秀作が多く、イラスト部門の課題作品は、子どもの部の最優秀賞作品「にこにこブンブンこどもクリニック」になりました。イラスト部門は、課題作品の文中から指定された3場面に合わせたイラスト(さし絵)を、11月8日(金)より募集開始いたしました。
ストーリー部門とイラスト部門の最優秀賞作品は1冊の絵本となり、弊社の社会貢献活動である「みつばち文庫※」の中の1冊として、全国の小学校にお届けします。

※「みつばち文庫」…当社は、次世代を担う子供たちに「豊かな心」を育んでもらいたいとの願いを込めて、1999年から毎年「みつばち文庫」として全国の小学校へ本を寄贈しています。これまでに寄贈した冊数は68万冊以上にのぼります。

◆第3回「ミツバチの絵本コンクール」ストーリー部門 入賞者一覧


[画像: https://prtimes.jp/i/30748/68/resize/d30748-68-264321-0.png ]


◆第3回「ミツバチの絵本コンクール」イラスト部門 募集要項

【募集内容】
ストーリー部門最優秀賞作品(一般の部・子どもの部 共通課題)の文中から、指定された3場面のさし絵を描いてください。
●年齢制限なし。 ●プロ・アマ問いません。 ●学校、クラス単位など団体応募も大歓迎です。
●未発表のオリジナル作品に限ります。(同人誌、ホームページに掲載したものは発表とみなします)

【課題作品】
作品名:「にこにこブンブンこどもクリニック」 作者:古賀 英琳さん(8歳)
お医者さんのみつばちミー先生が、きつねやウサギ、クマといった動物たちの診察をして、元気にしてあげるストーリーです。

【応募原稿について】
●さし絵には、ストーリー・文章も必ず書き入れてください。ただし、イラストに直接ストーリーの文章を書き入れないでください。ストーリーの文章は、トレーシングペーパーに書き込み、原画に重ねてください。
●画材は自由です。
●サイズは420ミリ×300ミリ以内(絵のサイズがA3以内)

【応募締切】2020年1月20日(月)必着

【発表】 2020年3月予定
※入賞作品は弊社ホームページなどで発表いたします。入賞された方のみ事務局よりご連絡いたします。
※落選された方に個別の連絡はいたしません。参加賞の発送をもって発表にかえさせていただきます。

【表彰式】
2020年3月31日(火)に、各部門の受賞者全員を東京都内の会場にご招待して開催いたします。

【賞】
一般の部(中学生以上)賞金:最優秀賞30万円、優秀賞15万円、佳作5万円
子どもの部(小学生以下)図書カード:最優秀賞5万円分、優秀賞3万円分、佳作1万円分

【応募方法】
作品と応募申し込み用紙を必ず同封のうえ、郵送にてお送りください。
(1作品につき、応募申し込み用紙が1枚必要です)

【応募先】
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-9-15 第3三ツ矢ビル8F
「ミツバチの絵本コンクール」事務局(TMS内)

※応募方法や応募用紙のダウンロードなど、詳しい内容については、弊社ホームページをご覧ください。
第3回「ミツバチの絵本コンクール」  http://beekeeper.3838.com/activity/ehon/

【絵本コンクールについてのお問い合わせ先】
株式会社山田養蜂場 文化広報室 TEL:0868-54-3999(平日9:00~17:30)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング