デルタ航空とヴァージン アトランティック航空、戦略的提携関係を構築

PR TIMES / 2012年12月12日 16時26分

デルタ航空は3億6,000万ドルを投じてヴァージン アトランティック航空の株式の49%を取得、新規共同事業により大西洋路線の拡大と顧客利益の増加を目指す



*本リリースは12月11日に米国および英国で発表されたリリースの翻訳です。
【米国アトランタ、英国ロンドン、2012年12月11日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)とヴァージン アトランティック航空は本日、大西洋路線を拡大し、北米と英国間の路線の競争力を高め、同路線の利用者利益を創出することを目指し、新たな共同事業契約に合意しました。

共同事業合意の一環として、デルタ航空はヴァージン アトランティック航空に3億6,000万ドルを出資し、現在シンガポール航空が保有している49%の株式を取得します。ヴァージングループおよびリチャード・ブランソンは株式の過半数51%を引き続き所有し、ヴァージン アトランティック航空のブランドと運航許可証を保持します。

合意内容の概要は以下のとおりです。

・運航主体や使用機材に関わらず、すべての共同事業便に関してコストと売上げを共有し、大西洋路線において完全に統合された共同事業を実施する。
・両社合わせてピーク日に最大1日31往復の英国-北米路線を統合する。
・ロンドンのヒースロー国際空港とニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港およびニューアーク・リバティー国際空港を結ぶ1日9往復のロンドン‐ニューヨーク間のサービスについて協力し、顧客の利便性を高める。
・両社のマイレージプログラム特典の相互利用。
・両社の空港ラウンジ(デルタ航空の空港ラウンジ「デルタ スカイクラブ」、ヴァージン アトランティック航空の「クラブハウス」)へのアクセスを共有する。

両航空会社は、運航体制やフライトスケジュールの緊密な調整を可能にするため、米国運輸省に対して独占禁止法適用除外(ATI)の申請を行う予定です。株式の取引には、米国司法省および欧州連合(EU)の市場競争に関する監督機関、および他の関係当局による審査を受ける必要があります。デルタ航空による株式の取得および共同事業開始は2013年末までに実現すると見込まれます。 

デルタ航空の最高経営責任者、リチャード・アンダーソン(Richard Anderson)は次のように述べています。
「デルタ航空とヴァージン アトランティック航空の新たなパートナーシップは、両社の事業を強化するとともに、北米-英国間、特に大西洋路線最大の航空路であるニューヨーク-ロンドン路線において、より効果的な競合勢力を形成することができます。両社それぞれの強みを、共同事業を通じて組み合わせることにより、北米と英国間のシームレスなネットワークを提供し、お客様や従業員、株主にとってより良い航空会社を構築することができます。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング