楽天、新サービス「ROOM」を開始 楽天市場の購入商品、お気に入り商品を収集、紹介し合えるキュレーションサービス

PR TIMES / 2014年6月30日 14時18分

- スマートフォンWEB版を先行リリース -  https://room.rakuten.co.jp/

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下「楽天」)は、楽天市場の商品を自分専用ページに収集し、紹介できるキュレーションサービス「ROOM」(ルーム)を本日より開始します。



U R L: https://room.rakuten.co.jp/

 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下「楽天」)は、楽天市場の商品を自分専用ページに収集し、紹介できるキュレーションサービス「ROOM」(ルーム)を本日より開始します。

 「ROOM」は、楽天市場で購入した商品やお気に入りの商品を楽天会員IDで作成するユーザー専用ページ「myROOM」上に収集、紹介できるサービスです。「ROOM」では、自分のお気に入りの商品を「myROOM」上で収集することを「コレ!」といいます。「コレ!」した商品には、すでに楽天市場のページに掲載されている画像や説明文に、ユーザーが撮影した画像や文章の追加が可能なため、実際に商品を利用している写真や、お薦めポイントを付加して、より魅力的に好きな商品について語ることができます。単なる商品画像の収集・共有にとどまらず、自分らしく商品を紹介するオリジナルのページ作りが可能なサービスです。

  自分の「myROOM」に集めた商品を他のユーザーが購入すると、ユーザーには成果報酬として売り上げ金額の1%に相当する楽天スーパーポイントが付与されるため、本サービスにより約9,000万人(注)の楽天ユーザーが各々自分のお気に入り商品を集めた「お店」を開くことが可能になるといえます。

  また、「ROOM」は自分以外の「ROOM」ユーザーをフォローできる機能を備えています。他のソーシャルメディア同様、コメントのやり取りができるため、興味、嗜好を軸としたユーザー間のコミュニケーションを促進します。フォローしているユーザーが商品を「myROOM」に追加すると、自動的に追加商品の情報が表示されます。さらに、「フード」「美容」「ファッション」など興味関心項目を設定すると、同じ興味を持っている人気ユーザーを自動的にフォローする仕組みにより、好みの商品に出会う可能性が広がります。

  今回提供を開始した「ROOM」は、スマートフォンWEBに対応するサービスですが、今後、iPhone、androidアプリも提供予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング