ネット通販における「送料の有無」はどこまで購買行動に影響を与えるのか?

PR TIMES / 2014年12月5日 12時9分

4割以上が、「大切な人へのギフト選び」には「写真の豊富さ」が影響

~「普段使いの商品購入」で重要なのは、1位「価格」、2位「品質」、3位「納期」~
株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前の調査で「直近半年以内にネットショッピングを利用した」と回答した20代~50代の男女1,000名に対し、『ネット通販に関するアンケート』を実施しました。
 集計データをまとめた全86ページの調査結果レポートを「Fastask」実例レポートページ(https://www.fast-ask.com/report/ )から、無料でダウンロード提供します。



【調査結果の概要】

■ネット通販の「送料の有無」は、購買行動に「非常に大きな影響を与える」
購買の後押しになる要素を、「普段使いの商品購入」「自分へのご褒美」「大切な人へのギフト」の3つのシチュエーションに分けて聞いたところ、いずれも「送料の有無」が「非常に大きな影響を与える」と回答した人が最も多いという結果になりました。「普段使いの商品購入」では56.6%、「自分へのご褒美」では53.1%、「大切な人へのギフト」では48.5%の人がそのように答えています。また、「レビューなどの評価」は、「普段使いの商品購入」では24.5%、「自分へのご褒美」では27.7%、「大切な人へのギフト」では35.5%の人が「非常に大きな影響を与える」と回答しました。

■4割以上が、「大切な人へのギフト選び」には、「写真の豊富さ」が影響する
商品を選ぶ際、非常に影響を受ける要素は、「普段使いの商品購入」では「サイト内での検索のしやすさ」を挙げる人が最も多いという結果になりました(31.8%)。一方、「自分へのご褒美」「大切な人へのギフト」では、「商品写真の豊富さ」を挙げる人が最も多く、それぞれ33.0%、41.3%でした。

■普段使いの商品購入で重要なのは、1位「価格」、2位「品質」、3位「納期」
「普段使いの商品購入」時、意思決定に影響を与える要素として最も挙げる人が多かったのは「商品の価格」(64.1%)、次いで「商品の品質」(41.8%)、「商品の納期」(21.2%)でした。

■週1回以上、ネット通販を利用する人の5人に1人は、タブレットから
ネット通販を「週に1回以上利用する」人がネット通販時に主に使う端末は、「タブレット」が最も多く(21.1%)、次いで「スマートフォン」(16.1%)、「PC」(8.4%)でした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング