『Unityインターハイ2018』大会ルール改定、自由なチーム結成が可能に

PR TIMES / 2018年7月11日 13時1分

作品を評価する審査員が決定

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、高校生・高専生(3年生以下)および小・中学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」の一部大会ルールの改定と作品を評価する審査員を発表いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-678033-1.jpg ]


Unityとは
Unityはゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェアです。Unityを使って本格的な3Dゲームやスマートフォンアプリ、VR(仮想現実)コンテンツなど、様々なデジタルコンテンツが日々作られています。近年では大学や専門学校のIT教育現場でも数多く導入されており、ゲームのみならず大学での研究や建築、シミュレータなど、幅広い業界で活用されています。

Unityインターハイとは
高校生・高専生(3年生以下)の学生を対象としたUnityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-907427-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-415228-2.jpg ]



昨年行われたプレゼン発表会本選の様子


所属する学校に関わらず自由なチーム結成が可能に
Unityインターハイは2018年で第5回を迎え、参加校や開発チームは年々増えています。他校の学生と開発チームを結成したい!という声に応えるべく、2018年大会では所属する学校に関わらず、自由にチームメンバーを結成できることとしました。


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_1.jpg ]



作品申し込みの注意点など詳細についてはUnityインターハイ2018公式Webサイトからご確認ください。

Unityインターハイ2018公式Webサイト
https://inter-high.unity3d.jp/


作品を評価する14名の審査員
審査にはゲームを愛するエキスパート達が登場!作品のオリジナリティや完成度を公正に審査します。

プレゼン発表会審査員

[画像4: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-286745-4.jpg ]



[表2: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_2.jpg ]


[画像5: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-581404-5.jpg ]



[表3: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_3.jpg ]


[画像6: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-529114-6.jpg ]



[表4: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_4.jpg ]


[画像7: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-624181-7.jpg ]



[表5: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_5.jpg ]


[画像8: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-789898-8.jpg ]



[表6: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_6.jpg ]


[画像9: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-911087-9.jpg ]



[表7: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_7.jpg ]



1次予選審査員

[画像10: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-361507-10.jpg ]



[表8: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_8.jpg ]


[画像11: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-467126-11.jpg ]



[表9: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_9.jpg ]


[画像12: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-868908-12.jpg ]



[表10: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_10.jpg ]


[画像13: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-768561-13.jpg ]



[表11: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_11.jpg ]


[画像14: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-866191-14.jpg ]



[表12: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_12.jpg ]


[画像15: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-525964-15.jpg ]



[表13: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_13.jpg ]



[画像16: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-343875-16.jpg ]



[表14: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_14.jpg ]


[画像17: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-343137-17.jpg ]



[表15: https://prtimes.jp/data/corp/16287/table/69_15.jpg ]



1次審査を通過すれば地区ノミネート作品として選出
1次審査を通過すれば各地区でのノミネート作品として選出され、作品、チーム、学校名がWeb上で掲載されます。


[画像18: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-647502-18.jpg ]


全国8地区でのノミネート選出をめざせ!


[画像19: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-629402-19.jpg ]


選出作品はWebサイトにて発表!


2次審査を通過すればプレゼン発表会へ進出!
2次審査を通過した作品の開発チームメンバー(最大3名)は、10月21日(日)に東京・日本科学未来館で行われるプレゼン発表会へ進みます!審査員や観覧の方々の前で作品のプレゼン発表を行っていただき、受賞作品が決定します。


[画像20: https://prtimes.jp/i/16287/69/resize/d16287-69-655841-20.jpg ]


※会場への交通費は1名につき最大3万円まで、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが負担します。


作品提出締切は8月31日、エントリー受付中!
作品提出締切は2018年8月31日の23:59となります。まずは大会にエントリーしてください。作品提出方法や諸注意事項を8月上旬にお知らせします。


Unityインターハイ2018公式Webサイト
https://inter-high.unity3d.jp/

Unityインターハイ2018エントリーフォーム
http://urls.unity3d.jp/inter-high-2018-entry

※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング