TP-Link Japan、「Interop Tokyo 2019」出展のご案内

PR TIMES / 2019年6月10日 12時40分

2600台以上の機器と450名のトップエンジニアによる巨大プロジェクト「ShowNet」にも参加 日時:2019年6月12日(水)~6月14日(金) 会場:幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)

無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1のシェアを誇るTP-Linkの日本支社である、ティーピーリンクジャパン株式会社(所在:東京都港区西新橋/代表:李 超毅、以下TP-Link Japan)は、 6月12日(水)~14日(金)の3日間、幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)にて、日本での開催が26回目となる国内最大級のICTイベント「Interop Tokyo 2019」に出展いたします。また、本イベント主催者と出展社の製品・サービス・トップエンジニアによる、イベント会場で利用できるネットワークをゼロから構築する巨大プロジェクト「ShowNet」にも参加いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/23744/69/resize/d23744-69-980758-8.jpg ]

■出展の経緯
TP-Link Japanは設立後の3年間で売上成長率500%を達成し、「世界基準の技術力」と「ユーザー目線での製品開発」という自社ブランドの強みを活かして、日本ユーザーのニーズを獲得してきました。今後のSMB市場の開拓と潜在顧客への認知度向上、そしてSOHO市場でのさらなる成長を目指し、この度の「Interop Tokyo 2019」へ出展いたします。
「Interop Tokyo 2019」では、国内で発表されていない11ax規格(Wi-Fi 6)の無線LANルーターやIoT製品などの最新のSOHO製品をはじめ、 ローコストハイパフォーマンスのワイヤレスソリューションなど、グローバルでも人気の高いSMB製品を取り揃え展示いたします。また、出展ブースで製品のデモストレーションも行う予定です。
※当日は、SMB担当セールス・エンジニアがご質問にお応えいたします。また、実際の製品を体験することも可能ですので、是非出展ブースへお立ち寄りください。

■「Interop Tokyo 2019」概要
●Interopとは
Interop(インターロップ)は世界で開催されている、ネットワークコンピューティングに特化したテクノロジーとビジネスのリーディングイベントです。日本では1994年の初開催以来、2019年で26回目の開催を迎えます。会場ではデモンストレーションなどを通じてICTの最新技術に触れられるだけでなく、約500社を超える企業の最新情報もご覧いただけます。

●ShowNetとは
Interop会場内にネットワークを構築し、出展ブース、来場者、カンファレンス会場などにインターネットサービスを提供するプロジェクトの名称です。このプロジェクトは出展社から提供された2600台以上の製品・サービスと約450名のトップエンジニア達が幕張メッセに集結する、ほかに例を見ない巨大プロジェクトです。ShowNetによって、製品やサービスが稼働する姿をライブで見ることができ、最先端の技術をよりリアルに体験することができます。また、単にネットワークを提供するだけでなく、2年後、3年後を見越した最新技術などに挑戦し、「ネットワークの未来像」を示すことを大きな目的としています。
TP-Link Japanは、11ax規格の無線LANルーター「Archer AX6000」やメッシュテクノロジーを搭載した屋内外兼用のアクセスポイント「EAP225-Outdoor」、クラウドコントローラー「OC200」、 PoE+に対応したUnmanagedスイッチ「TL-SL1218MP」などをShowNetに提供いたします。

■メイン展示製品
・Omada AC1200 MU-MIMOギガビット 屋内外兼用アクセスポイント 「EAP225-Outdoor」
802.11ac Wave 2 MU-MIMOに加えて、高出力アンプと高性能アンテナを搭載した、耐久性、耐候性のあるアクセスポイントです。 最大1200Mbps(5GHz/867Mbps、2.4GHz/300Mbps)を達成し、2.4GHzで最大200メートル以上、5GHzで最大300メートル以上という広範囲をカバーし、優れたWi-Fi性能を提供します。
さらに、Omadaメッシュテクノロジーにより、AP間の最適な経路を自動的に選択し、シームレスなローミングで移動中でも映像再生や音声通話に影響を与えない、利便性と柔軟性を兼ね備えたWi-Fiの導入が可能です。PoE(802.3af)給電ポート搭載でAC電源不要なので、場所を選ばず設置することが可能です。また、様々な機能を手軽に一括で管理できるソフトウェア「Omada Controller」、利便性に優れたOmadaアプリも無償でご利用いただけます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23744/69/resize/d23744-69-996341-2.jpg ]

・Omadaクラウドコントローラー「OC200」
Omadaアクセスポイントシリーズ専用のハードウェアコントローラーです。Wi-Fiネットワークの集中管理に特化した設計がされており、リアルタイムで統計情報や分析結果の表示が可能で、高いセキュリティ性も持っています。
また、無償のクラウド管理システムを搭載しているため、場所を問わずどこからでもリモートアクセスができます。キャプティプポータルで効率的なゲスト認証を提供し、Facebook/SMS認証でビジネスのソーシャル連携を強化することもできます。さらに、高度なハードウェア設計、業界最長クラスの5年保証も付いており、どなたでも安心して使用することができます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/23744/69/resize/d23744-69-961510-7.jpg ]

・AX6000新世代Wi-Fiルーター「Archer AX6000」
TP-Link Japan初の802.11ax Wi-Fiテクノロジに基づくWi-Fi 6対応ルーターです。802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi規格と下位互換性を保ちながら、Wi-Fiを新しいレベルに引き上げます。新たに実装されたダウンリンクおよびアップリンクMU-MIMOとOFDMAは最大で802.11acの4倍の性能向上を実現します。 OFDMAは、チャネル内のサブチャネルを複数の無線クライアントで分け合って接続することで、複数ユーザの同時利用を可能にする仕組みで周波数の利用効率を向上させる技術です。
また、1024QAMとLong OFDM Symbolにより、全体的なスピードを最大6000Mbps(5GHz/4804Mbps + 2.4GHz/1148Mbps)まで向上させます。さらに、パワフルな1.8GHz 64ビット クアッドコア プロセッサーと大容量1GB RAMによりネットワークのスループットを最大化します。インターネット回線を最大限に活用するため2.5ギガビット対応のWANポートも搭載しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/23744/69/resize/d23744-69-294656-1.jpg ]

・メッシュWi-Fiシステム「Deco M9 Plus」
TP-Link独自の「メッシュネットワーク技術」を用いることで、自宅の隅々までWi-Fi電波を届けることのできるWi-Fiシステムです。
トライバンドとIoTに対応した「Deco M9 Plus」は5GHzと2.4Ghzの合計で最大2134Mbpsの通信速度を実現し、広範囲で高速かつ安定したネットワーク通信を可能にします。また、音声コントロールにも対応し、専用アプリ「Deco」を使えば、IoT対応製品と一緒に一元管理することができるなど、最新機能も搭載しています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/23744/69/resize/d23744-69-484561-0.jpg ]

・Kasaカメラ Pro 「KC120」
スクリーン付きスマートスピーカーEcho SpotとEcho Showに対応したネットワークカメラです。Google ChromecastとAmazon Fire TV(第二世代)にも対応しており、広角1080pの高画質映像を録画することが可能です。
さらに、録画した映像はアプリ上からいつでも確認ができ、内蔵のセンサーが暗闇でも最大10メートルの範囲の動作や音を検知し、通知が即座に届くため外出時でも安心です。
[画像6: https://prtimes.jp/i/23744/69/resize/d23744-69-523974-3.jpg ]

■イベント詳細
〈開催日時〉
2019年6月12日(水)~14日(金)
12日(水) 10:30~18:00
13日(木) 10:00~18:00
14日(金) 10:00~17:00
<会場>
幕張メッセ(国際展示場/国際会議場)
出展ブース :4U08
Interop Pavilion
[画像7: https://prtimes.jp/i/23744/69/resize/d23744-69-450654-5.png ]

【世界No.1シェア!高品質無線LANルーターのTP-Link】
TP-Linkは、世界170か国以上で10億人以上のエンドユーザーにネットワーク製品を提供している、世界No.1プロバイダーで、無線LAN機器の世界シェアは42%を誇ります。また、2018年には8年連続で世界No.1無線LAN機器プロバイダーを獲得しました。*1現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本など、世界42か所に現地法人を構えています。
*1 出荷台数別、2018年第3四半期IDC WLAN Tracker調べ

徹底した研究開発、効率的な生産体制、そして厳しい品質管理によって、TP-Linkはネットワーキング製品の分野において、多くの賞を受賞しています。また各国の技適マークを取得しており*2、高性能で安心してご利用いただける製品を提供しています。
*2 TELEC, CE,FCC取得済み、RoHS指令対応

【会社概要】
社名 :ティーピーリンクジャパン株式会社(英語名:TP-LINK JAPAN INC.)
代表 :李 超毅
所在地 :東京都港区西新橋2丁目9-1 PMO 西新橋8F
コーポレートサイト : http://www.tp-link.com/jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング