【バレンタインデーに関するアンケート調査】バレンタインデーの贈り物や材料を買った場所は「スーパー」「デパート」が上位2位。女性若年層では「100円均一ショップ」も目立つ

PR TIMES / 2014年1月15日 9時35分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は『バレンタインデー』に関してインターネット調査を実施し、2013年3月1日~5日に12,436件の回答を集めました。第9回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/17614/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■2013年のバレンタインデーにプレゼントをしたりもらったりした人は6割弱。「市販のチョコレートを贈った」は男性1割、女性7割、「市販のチョコレートをもらった」は男性7割強、女性1割強。女性10代ではチョコレートやお菓子をもらったという人が3~4割と、他の年代より多い
■バレンタインデーの贈り物や材料の購入場所は「スーパー」が4割、「デパート」が2割強。女性若年層では「100円均一ショップ」も多い
───────────────────────────────────────────



◆2013年のバレンタインデー実施状況
2013年のバレンタインデーにプレゼントをしたりもらったりした人は58.0%、女性10~30代では7割弱を占めます。男性10~20代は「特に何もなかった」が6割弱、結婚していない人では半数強となっています。

実施した内容は、「市販のチョコレートを贈った」(43.1%)は男性11.2%・女性70.9%、「市販のチョコレートをもらった」(41.1%)は男性73.2%・女性13.1%です。「手作りのチョコレートを贈った」「チョコレート以外のお菓子を贈った」は女性若年層ほど多く、「市販のチョコレートを贈った」は女性高年齢層ほど多い傾向です。女性10代ではチョコレートやお菓子をもらった人が3~4割と、他の年代より多くなっています。学生では手作りのチョコレートを贈った・もらった人が、他の層より多くなっています。


◆2013年のバレンタインデーにプレゼントを贈った相手、チョコレートを贈った人数
2013年のバレンタインデーにプレゼントを贈った人に、贈った人数を聞いたところ、「1人」が30.6%です。女性10代では「11人以上」が4割を占めます。贈った相手は「配偶者」が58.7%、「子供、親、きょうだいなど、配偶者以外の家族・親類」が50.7%で上位となっています。女性10代では「同性の友人・知人」が7割にのぼり、家族や恋人、異性の友人・知人を上回って1位にあがっています。専業主婦は「配偶者」が9割弱、「子供、親、きょうだいなど、配偶者以外の家族・親類」が6割強です。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング